最高の組織

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2019/03/01 | 掲載終了日 2019/07/12

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#最高の組織 #NetGalleyJP


内容紹介

Netgalley限定で全文公開します!

→こちらの書籍は4月25日18時にアーカイブされます。

お早目にダウンロードしてください。

※規定の人数に達しましたら、申請の制限をかけさせていただきますので、お早目に申請をいただけましたら幸です。


3人で創業し、5年で業界のインフルエンサーになった会社本の要約サイト「フライヤー」のCEOが明かす経営革命! →組織が抱える問題点を洗い出し、向かうべき方向性を自身の創業経験をもとに記述。経営層、マネジメント層、起業家必読の書!


本書の構成》

はじめに ~執筆の背景と本書の要約~

●第1章 ほとんどの組織が抱える課題とは

●第2章 これからの組織が向かうべき方向性

●第3章 これからの経営者・マネージャーの仕事

●第4章 フライヤーの運営方針

●第5章 おわりに ~誰もが幸せな仕事ができる社会に~

著者:大賀 康史 2003年に早稲田大理工学研究科機械工学専攻を修了し、同年にアクセンチュア(株)製造流通業本部に入社。 同戦略グループに転属後、フロンティア・マネジメントを経て、 2013年6月に株式会社フライヤーを設立。 ※株式会社フライヤーはビジネス書の要約サービスを提供。 また、書店員や、編集者のおすすめする本をフライヤーユーザーに 向けて情報発信している。 「7人のトップ起業家と28冊のビジネス名著に学ぶ 起業の教科書」(ソシム)を共著、「ターンアラウンド・マネージャーの実務」(商事法務)の第2部第1章、第4章を執筆。

Netgalley限定で全文公開します!

→こちらの書籍は4月25日18時にアーカイブされます。

お早目にダウンロードしてください。

※規定の人数に達しましたら、申請の制限をかけさせていただきますので、お早目に申請をいただけましたら幸です。


3人で創業し、5年で業界のインフルエンサーになった会社本の要約サイト「フライヤー」のCEOが明かす経営革命! →組織が抱える問題点を洗い出し、向かうべき方向性を自身の...


おすすめコメント

ビジネス書要約サイトフライヤーCEOで元アクセンチュアの大賀さんの組織論です。

冒頭は要約になっており、作品のイメージをつかめます。


ビジネス書要約サイトフライヤーCEOで元アクセンチュアの大賀さんの組織論です。

冒頭は要約になっており、作品のイメージをつかめます。



出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784426125110
本体価格 ¥1,500 (JPY)

関連リンク

閲覧オプション

ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

とにかくわかりやすい!読者を選ばず、組織作りの本質を教えてくれます。 目次の前に本書の要約が書かれてあり、10分でこの本のエッセンスがわかってしまうという斬新な書き出し。 じゃあ、要約を読んだらもう終わりかというと、そこは本の要約サイト「フライヤー」の社長が書いた本。もっと深く掘り下げて読みたくなり、夢中になって、気が付けば、“おわりに”を読んでいました。 経営資源はヒト、モノ、カネと言われているが、これは20世紀の考え方であり、これからの時代は、ヒト、ヒト、ヒト。 では、ヒトに注力するために、何をして、何に気をつけて、何を心がければいいのか。 最高の組織を目指すためのアクションを断言してくれているところが、自分も今日から新しい一歩を踏み出そうという気になりました。 本を読まない人について書かれた部分がとても印象的。 本を読まない主義の経営者がたまにいる。その人は何も学ぶ努力をしていないかというと、それに代わる努力を必ずどこかでしているとのこと。 本は読んだ方がいい。でも読まないイコール必ずしもだめとは限らない。 本を紹介している会社の社長が、本を読まずして成功している人の影の努力にも触れている。この客観的視点がめっちゃ好き!本書の説得力が倍増しました。 この本はおすすめです。

このレビューは参考になりましたか?

●「チャレンジは尊く 応援するもの!」 読みました 結構楽しく読めましたっていうのも 作者の主張がとても主観的で 熱量がこもった話になっているからだと思います。 なので、すぐに何かを活かせるというのは 私の中ではありませんでしたが、 読むと自分の引き出しがひろがっていく感じがします ブラックな残業が朝4時まで仕事っていうので すごく共感を得ました(笑) そして中国の人の話がでて 諸葛孔明の話がでるのですが そこで知識にハングリーという言葉がありました すごくその言葉が気に入りました。 どんどん挑戦して 失敗して教訓を得て どんどんハングリーに 活きていいんだよっていう後押しをしてくれる 若者にこそ読んでほしい本だと思いました

このレビューは参考になりましたか?

著者が現在の仕事や経営をとても楽しんでいるのがよく伝わり、自分もこのような“楽しさ”を重視できる仕事に巡り会いたいなと思いました。 そして、その経営者が楽しいと思えていることが部下や取引先の人、さらにはユーザーにも伝染し、今のフライヤーの人気をつくっているのが理解できました。 また、著者の経営に対するこだわりや教訓は、現在トレンドの経営方法と独自の考え方がほどよくミックスされたもので、経営者や起業家の人だけではなく、組織に属して働く人にも参考になると思いました。 一人ひとり誰もが生き生きと働き、生きる喜びを感じられることが、目に見えないが果てしなく大きな社会貢献に繋がると思うので、今の自分の働き方を見直したいと思っている人は、この本を参考にして、自分の今後の働き方について考えてみるといいと思います。自分の働く事への希望がどんかものなのか少し分かるようになるかも知れません。

このレビューは参考になりましたか?

出世すると最終的に無能になる!! では、人が有能になる進化型組織(ティール型組織)とは? 「はじめに」の本書要約を読むだけで衝撃を受けるでしょう。ピラミッド型組織では、出世することで最終的に人は無能になります。すべての人が最大限にチカラを発揮するのは、進化型組織(ティール組織)です。「進化型組織の三つの成立要件」「人材の三つの採用基準」は必読です。「はじめに」はぜひ目を通してください。すべてのメンバーが実力を発揮できる進化型組織(ティール組織)が、これからの組織が向かう方向です。

このレビューは参考になりましたか?

あなたの会社は、項羽の楚か?それとも劉邦の漢か?今問われる組織の姿!! 本の要約サイトを運営しているだけあって流石に冒頭の「本書の要約」だけでもエッセンスは充分に味わえる。中味は第6章まで筆者が経験し会得した組織への想い、人材や育成などの指南の提唱。私が特に興味を抱いたのは「ミッションバリュー」である。 楽しむ、スピード、セルフスターター、挑戦、三方良し、ストレートな表現に身体が熱くなる。 これからの日本に望む言葉は最高の希望に溢れている。 中国歴史上にて最高のカリスマであった項羽は、欲深く怠け者のレッテルを貼られていた劉邦に自死に追い込まれた。劉邦は人を適材適所に配置できた。人財に恵まれたのである。 ここで今一度問う。私たちの組織はどっちであるか?勝つ組織をめざすなら答えは明確である。 本が好き!倶楽部 せいちゃん

このレビューは参考になりましたか?

本書の要約は10分で読める 組織の型を3つに分類し、課題解決法を解り易く説明している。 《ピーターの法則》では、出世するほど、無能になっていき、 会社のパフォーマンスを下げてしまう。 これからの成長組織が向かうべき方向性には人材採用と 人材育成の心得をといている。 これからのリーダーシップとは、挑戦をしなければ、 待っているのは衰退だと心得ることだ。 己をしってこそ、これからの展開の方向性が決まる。 最後に、社会への提言としてすばらしいことをいっている。 働き方改革には、解雇規制の緩和が必要だということ。 チャレンジの結果は成功と失敗ではなく 成功か教訓を得るかおどちらかだということ。 20世紀の考えは、人、モノ、カネ。 これからの経営資源は人、人、人だ。

このレビューは参考になりましたか?

働き方改革が進むこの激動の時代に、会社組織について人が幸せになる為の在り方を教えてくれる一冊! 人生100年とも言われるこの時代に、私たちが今生きているのは新たな時代への過渡期である。 そうなると、会社という組織も生き残る上で変革なくしては衰退してしまう。 本書では、現代社会においてとても多い達成型組織の課題点と 著者がおススメする進化型組織の在り方について、メリット、デメリット共に述べている。 私が、特に印象的であったのは 進化型組織では、『主体性の強い組織の成立』ができるという。 それは、会社で働くメンバー個々の人生の目的を、お互い理解し、信頼しあいしながらも 従業員が楽しく仕事するなかで、上質なサービスを作りだし、その熱意を感じ取った人が顧客となり そして、結果的に高い収益性を実現することによって成立し、好循環が生まれる。 上記の好循環を生み出すための進化型組織の作り方や 人事採用の方法や人材育成について、また組織のトップの在り方などを 実際にそのように組織作りを行ってきたフライヤーの運営方針も 著者の経験を通して述べてながら説明してくれている。 もちろん、この組織の在り方が全てではないであろう。 しかしながら、私たちがこれか生き抜くためには、必要な考え方の一つには間違いはない。 是非ともご一読頂きたい本である。

このレビューは参考になりましたか?

トップダウンの「ピラミッド型組織」から 1人1人が力を発揮する「進化型組織(ティール型組織)」へ。 「ピラミッド型組織」では、上にのぼりつめた者が、 さらに上を目指す必要がなくなった時、無能となる欠点がある。 トップダウンで達成型の「ピラミッド型組織」ではなく、これからは、 とにかく人。スタッフを大切にし、1人1人が力を発揮できる職場へ。 全社員が自主経営の意識をもち、全体でお互いの考え方や強みを共有しあい、 会社の存在目的、将来を考えながら働ける「進化型組織(ティール型組織)」 の作り方のノウハウが、この1冊にギッシリ。 約200ページの内容を、20ページ弱にまとめた「本書の要約」だけで も読んで欲しい。

このレビューは参考になりましたか?

最高の組織とは? ピラミッド型の社会はもう古い。進化型組織(ティール組織)をわかりやすく教えてくれる指南書。 わずか200ページ内に筆者の叡知がぎゅっと詰まった良書。 歴史上の人物エピソード、著名人の哲学、そして科学分野の法則などをふまえ、筆者が提唱する最高の組織について丁寧にわかりやすく記されています。 まさに指南書といいましょうか。読み手も読後は、実りある充実感に包まれていることでしょう。実に興味深い一冊でした。

このレビューは参考になりましたか?

ピラミッド型組織から進化型組織にする為のポイントが実践例とあわせてズバリときました! ・出世と成功がキャリアの目標だった時代は過ぎ去った。 ・人を深く理解して、組織運営に活かすことは、あらゆる企業にとって極めて重要である。 ・経営資源は、人・モノ・カネと言われているが、これからは、人・人・人である。 これらは、「はじめに」から抜粋した文章だ。 現状では多くの組織がピラミッド型の組織になっており「階層組織の構成員はやがて有効に仕事ができる最高の地位まで達し、その後さらに昇進すると無能になる」というピーターの法則にもあるように、ピラミッド型構造の組織では直面する課題は多い。 では、ピラミッド組織構造で行える対処法は何だろうか? もちろんのこと、これからの成長企業が向かうべき方向性を明確にしておかなくてはなりません。 例えば、従業員、顧客、株主・債権者・取引先のどれを最優先にしますか? また、理想的な組織構造の為には人材登用と人材育成が重要なポイントとなってきます。 ・人材の採用基準はどうしたらいいのでしょうか? ・入社したメンバーが伸びる人材育成法とは? 本書では、新しい組織論の理論だけではなく、実際に著者の実践例をあわせて掲載しているところがポイントです。 目次構成は、次の通りです。 1章:あらゆる組織が直面する課題 2章:これからの成長組織が向かうべき方向性 3章:人材採用と人材育成の心得 4章:これからのリーダシップとは 5章:新しい組織論を適用したフライヤーの運営方針 6章:社会への提言 まずは、10分ほど時間をとり、本書のp7-p31の要約部分を手にとって読みましょう。気になるところがあれば、該当章を読んで理解を深めましょう。 本が好き!倶楽部 @のり

このレビューは参考になりましたか?

働き方が多様化している中、どのようにしたら最高の組織を作れるのか?という質問を明確にしてくれるのがこちらの本です。 組織の一人ひとりが、自らをさらけ出すことで信頼関係を築くこと。自律的に動くこと。そして、自分の人生の中での使命をチームの中で見いだすこと。これが可能となったとき、最高で最強のチームができる。 プロジェクトに合わせて個人が集まりながら働く時代だからこそ、最高のチームを作るために必読の1冊です!

このレビューは参考になりましたか?

人、人、人 組織において何よりも大切にされるのは「人」というところに非常に感銘を受けた。今働いている会社でどこまで通じるか、よく読み込んで参考にしたい。

このレビューは参考になりましたか?

「働く人を主人公にした組織作りを展開。 実はこれが顧客や株主にも満足がいく質の高いサービスを提供できる」 冒頭のはじめにの所で、この本の要約を書いているのは さすが本の要約アプリの会社だと思いました。 要約を読んでなおかつ、本文が読みたいと思わせるのは 筆者の会社に対するミッションと熱量と感じました。 あらためて組織の在り方、よくある組織の問題点を読んで 以前勤めていた会社を思い出しました。 私自身が管理職や人事の部署にいたときにこの本があれば、もっと会社に貢献できたのではないかと感じました。 さらに驚いたのは、理想の組織が「サークル活動」である。 確かに中心人物が居なくて、ミッションの共感があれば それぞれが自主的に活躍するだろう。 従来通りの組織ではなく、今後は新しい組織作りが求められます。 3人以上になると集団になるので、まずは「家族」がピラミッド型の組織になっていないか、振り返り円になるようにしていきたいと思います。 この本は単純に会社組織に向けての組織論や人材育成法ではなく 最小限の単位「家族」にも応用できる1冊です。

このレビューは参考になりましたか?

[最高の組織] 会社の組織のあり方がいま問われています。 ピラミッド型の組織図はもう時代にはあわないのかもしれません。 組織について書かれた本です。 #ピラミッドの上層部が下層部へ大きく影響する #ピーターの法則 #魚と組織は頭から腐る #進化型組織 #マズローの5段階欲求 #主体性の強い組織 #お互いに信頼している #大切に思っている #才能のある人はなぜ会社に所属するのか #挑戦しなければ衰退する #日本の魅力 #チャレンジするリスクはない #最高の組織 #大賀康史 #読書 #読書家 #読書日記 #読書ノート #読書記録 #読書習慣 #書評 #速読 #本屋 #本棚 最高の組織──全員の才能を極大化する 最高の組織──全員の才能を極大化する 1,620円 Amazon

このレビューは参考になりましたか?