パンダより恋が苦手な私たち

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2021/06/21 | 掲載終了日 2021/06/20

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#パンダより恋が苦手な私たち #NetGalleyJP


内容紹介

\その恋、叶えたいなら〝野生〟に学べ!!/
イケメン変人動物学者 ✖ へっぽこ編集者コンビがおくる、笑いアリ涙アリの恋愛相談ラブコメディー!

ヒトよ、何を迷っているんだ?

サルもパンダもパートナー探しは必死、それこそ種の存続をかけた一大イベント。最も進化した動物の「ヒト」だって、もっと本能に忠実に、もっと自分に素直にしたっていいんだよ。

今泉忠明氏(動物学者 『ざんねんないきもの事典』シリーズ監修)推薦!!

月の葉書房の『リクラ』編集部で働く柴田一葉。夢もなければ恋も仕事も超低空飛行な毎日を過ごす中、憧れのモデル・灰沢アリアの恋愛相談コラムを立ち上げるチャンスが舞い込んできた。期待に胸を膨らませる一葉だったが、女王様気質のアリアの言いなりで、自分でコラムを執筆することに……。頭を抱えた一葉は「恋愛」を研究しているという准教授・椎堂司の噂を聞き付け助けを求めるが、椎堂は「動物」の恋愛を専門とするとんでもない変人だった! 「それでは――野生の恋について、話をしようか」恋に仕事に八方ふさがり、一葉の運命を変える講義が今、始まる!

\その恋、叶えたいなら〝野生〟に学べ!!/
イケメン変人動物学者 ✖ へっぽこ編集者コンビがおくる、笑いアリ涙アリの恋愛相談ラブコメディー!

ヒトよ、何を迷っているんだ?

サルもパンダもパートナー探しは必死、それこそ種の存続をかけた一大イベント。最も進化した動物の「ヒト」だって、もっと本能に忠実に、もっと自分に素直にしたっていいんだよ。

今泉忠明氏(動物学者 『ざんねんないきもの事典』シリーズ監修...


出版社からの備考・コメント

◆弊社では、一緒に作品と著者を応援していただける方からのリクエストを求めております。
そのため、下記に該当する方のリクエストはお断りさせていただく場合がございます。
ご理解のほど、宜しくお願いいたします。
○お名前・所属などに詳細な記載がなく、プロフィールにてお人柄が伺えない方
○作品ごとに設けました外部サイトへのレビューのルールをお守りいただけない方
○フィードバック率の低い状態が長く続く方
-----------------

※校了前のデータを元に作成しています。刊行時には内容が若干異なる場合がありますがご了承ください。

◆弊社では、一緒に作品と著者を応援していただける方からのリクエストを求めております。
そのため、下記に該当する方のリクエストはお断りさせていただく場合がございます。
ご理解のほど、宜しくお願いいたします。
○お名前・所属などに詳細な記載がなく、プロフィールにてお人柄が伺えない方
○作品ごとに設けました外部サイトへのレビューのルールをお守りいただけない方
○フィードバック率の低い状態が長く続く...


おすすめコメント

動物の求愛の豆知識に思わず微笑み、恋に仕事に一生懸命に成長していく主人公の姿に励まされる――。この小説、最高やん…!! 原稿が届いた時の興奮がいまだに忘れられません!
読後、元気になること約束します。ぜひご一読ください!
――担当編集より


動物の求愛の豆知識に思わず微笑み、恋に仕事に一生懸命に成長していく主人公の姿に励まされる――。この小説、最高やん…!! 原稿が届いた時の興奮がいまだに忘れられません!
読後、元気になること約束します。ぜひご一読ください!
――担当編集より



販促プラン

こちらの作品は発売前作品のため、ネタバレや、読書メーターやブクログなど外部書評サイトで発売前にレビューを投稿することはお控えください

★★

作品の拡材や指定配本をご希望の書店様は
恐れ入りますが<講談社 第五事業販売部>まで直接お問合せをお願い致します。

★★

こちらの作品は発売前作品のため、ネタバレや、読書メーターやブクログなど外部書評サイトで発売前にレビューを投稿することはお控えください

★★

作品の拡材や指定配本をご希望の書店様は
恐れ入りますが<講談社 第五事業販売部>まで直接お問合せをお願い致します。

★★


出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784065234235
本体価格 ¥1,500 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

クールで、かつ、情熱的な登場人物の皆さんそれぞれを、親心から、応援しながらどんどん引き込まれて読みました。クジラの遠距離恋愛の話はスケールが大きすぎて圧倒されました。動物の恋愛事情はトリビア的に「へぇー」と思いながら読みました。とても楽しかったです。

このレビューは参考になりましたか?

恋愛相談のコラムに、動物の求愛行動が答えにつながるという新たな視点のお話。残念ないきもの辞典も人気になりましたが、動物の不思議な行動をモチーフにしていてとても面白かったです。そして、人間と動物の違いについての考えも、腑に落ち、動物達に負けないよう頑張って生きよう!と思える本でした。

このレビューは参考になりましたか?

久しぶりのラブの小説 楽しかった〜 読みやすかった〜 動物の恋愛行動を絡めた人間の恋愛相談はほほうと頷けるものばかり 変人先生と編集者、おちぶれたモデル でも何かのきっかけでみんな輝く才能、いや本能を持っている 生きとし生けるものは何でも愛おしい

このレビューは参考になりましたか?

どうしてこんなに面倒くさくて大変なものに人は振り回されてしまうのか。 これがなければ、世の中の争い事は減るだろうし、人々は穏やかに暮らせる。 だけど人は「恋」で成長し、強くなったりする。たとえ上手くいかなくても。 イケメンだけど変わり者の動物学者・椎堂が語る「野生動物の求愛行動」は面白いほどシンプル。相手に求める基準も、その目的もはっきりしている。 人間はむずかしく考えすぎてダメなのかも、と思った。 仕事も恋も、自分が持っているものを磨いて戦う覚悟を決めなくては、何も変わらない。 恋に悩んでいる方、読んだら答えが見つかるかもしれません。

このレビューは参考になりましたか?

動物の求愛行動と、人間の恋愛相談を絡ませて進んでいくなんて、ありそうでなかった気がします。プロローグからストーリーに鷲掴みです。雑学としても面白いし、エンタメとしても楽しめます。登場人物たちも魅力的なキャラクターですね。イケメンだけど変人な先生の活躍をもっと見たいです。

このレビューは参考になりましたか?

出てくる登場人物がみんなそれぞれにくせ者ながらも一生懸命で とってもチャーミング。 気になるキャラばかりでしたがやっぱり一番は椎堂准教授ですよねー。 とはいえ、全員思わず応援したくなる魅力がいっぱいでした。 かるーいタッチ故に本格的な動物蘊蓄もすーっと入ってきて興味深く読むことができました。 その上で恋愛コラムにどう活かされるのか、アリアとしてのコラムも素敵でした。 章ごとイラストもめちゃめちゃかわいい~! それにしても・・・レオパは思った以上にヘビ顔でした・・・。

このレビューは参考になりましたか?

全ての動物好きと恋に悩む人にオススメの異色のラブコメ。モチベーション低めの編集者が出会った“動物の恋愛マスター”のイケメン学者の言葉を交え恋愛コラムを書くという珍しい切り口の作品。色んな動物たちの想像もしなかった恋の形、豆知識がふんだんに盛り込まれていて雑学本としても楽しめた。あらゆるものを吸収して生きる動物に倣って、身近にあるヒントを漏らさず気合いを入れよう!と凄く力になった。

このレビューは参考になりましたか?

面白かった~。とてもテンポよく読みやすかったし、何より時折はさまれる一葉の突っ込みが最高(笑)身近な動物達の神秘に満ちた求愛行動、とても興味深く堪能しました。椎堂准教授、いいキャラだな。胸に刺さる言葉がたくさんありました。本、買買おうと思います!!

このレビューは参考になりましたか?

ファッション誌の編集者になれなかったことを何年も引き摺っている雑誌編集者・一葉は、憧れのスーパーモデルに恋愛コラムの代筆を任されてしまい、藁をもすがる思いでとある研究室の扉を叩く。動物の求愛行動に並々ならぬ関心を寄せる社会行動学のイケメン准教授・椎堂先生だけでなく、主人公の一葉もモデルのアリアも編集部の先輩たちもキャラクターが立っていて魅了される。人間の恋愛相談がかわいい動物の求愛行動と結びつき、相談者や一葉自身に前を向くきっかけを与えてくれる、という話の展開がおもしろかった。椎堂先生の過去にまつわる話まで混ぜ込んだのも見事。連作短編集としてだけでなく一長編としても読みごたえがあった。続編もぜひ読んでみたい。

このレビューは参考になりましたか?

動物の求愛活動という思ってもみなかった切り口から、思わぬ形で繋がってゆく憧れのモデル・灰沢アリアと、恋愛相談コラムを代筆する担当編集の一葉、そして准教授・椎堂の距離感にどうなるのかドキドキしながら読みましたが、お互いに停滞していた自分を変わるいいきっかけになって、より良い形に変えていける彼女たちの関係がとても良かったなと思えました。

このレビューは参考になりましたか?

夢も無くやりたくもない仕事を毎日なんとなくこなし、同棲中の彼氏に振られる雑誌編集者の主人公。むちゃぶりから恋愛コラムを執筆する事に。イケメン変人准教授から『私たちの恋に足りないものは、野生だ』の一言を受け、動物の求愛行動と絡めたコラムを書くことに。動物の求愛行動がとても興味深い。所々に出てくる有名人の名言も面白い。でも何と言っても主人公の心の声がかなり笑える。単なるラブコメとは違う面白さがある。人間達はもっと動物達から学べっ!と思ってしまう。複雑な感情は厄介だが、だから人生面白いのかも。

このレビューは参考になりましたか?

冒頭のラッコの求愛行動が一番衝撃的でした! 血が出るほどの求愛行動なんて嫌!怖すぎる(笑) 風変わりな准教授の協力を得て、恋愛コラムを執筆する中で、ややこしい恋愛に悩む人間たちにさまざまな動物の求愛行動を通して【気づき】を与えてくれる。 本文中のコラム部分は、言い方や表現は極端なようだけれど本質をついていて、グサリと刺さる。 動物たちは、ストレートで明確な基準をもって求愛する、そして諦めない。 新たな視点から人間のややこしい恋愛をズバッと切り込む本作はとても楽しくそして興味深く読むことができました。 うじうじ悩むことばかり多い人間たちよ【恋は野生に学べ!】まさしくこれですね!!

このレビューは参考になりましたか?

恋だけでなく、私たちに足りないのは野生なのか! 恋愛をはじめとする、様々な人間関係で、他人からの視線を気にして息苦しさを感じる毎日…。 本能のままに、食べて寝て遊んで…気ままに過ごすネコに癒されるのは、羨ましさからかもしれない。(作中にネコ出ないし、家ネコに野生があるかは疑問だけど) 明日は少し、動物を見習って、自分の本能に従ってみようかな。

このレビューは参考になりましたか?

読んでいる途中から、「あ、この本は購入してしっかり読もう」と思いました。 生き物を好きだと最近やっと自信をもって言えるようになったのですが、本当に自然から学ぶことってたくさんある。 可愛いメジャーな生き物を題材にしているので、とてもわかりやすい。そしてきっと生き物が好きな方なら、出てくる場面をYoutubeなんかで検索したくなると思います。 生き物から学んでいく、登場人物たちの心の動きは変わっていく様子に一気読みしてしまった。

このレビューは参考になりましたか?