Numbers Don't Lie

世界のリアルは「数字」でつかめ!

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2021/03/27 | 掲載終了日 2022/02/14

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#NumbersDontLie #NetGalleyJP


内容紹介

【ビジネス書グランプリ2022ノミネート作品】 


ビル・ゲイツも絶賛の著者が、数字で明かす71の真実

「少子化の未来はどうなる?」「中国はどこまで成長するのか?」「食品ロスのとんでもない量」……。数字で比較すれば、世界のリアルな姿が見えてくる。《人々》《国々》《食》《環境》《エネルギー》《移動》《機械》の7ジャンルから、71のトピックを厳選。この一冊で世界の現状と全体像がつかめる、新しい教養書!


第1章 世界の人々――暮らしはどう変化して、どこに向かうのか?

第2章 世界の国々――グローバル時代における力関係を読み解く

第3章 食――身体にも地球にもやさしい「食べ方」とは  

第4章 環境――賢い選択をするために、知っておくべきこと

第5章 エネルギー――燃料と電気をめぐる不都合な真実

第6章 移動――この200年での驚異の進化とこれからの課題

第7章 機械――現代世界の基礎をつくった発明品とは


バーツラフ・シュミル 著

カナダのマニトバ大学特別栄誉教授。エネルギー、環境変化、人口変動、食料生産、栄養、技術革新、リスクアセスメント、公共政策の分野で学際的研究に従事。研究テーマに関する著作は40冊以上、論文は500本を超える。カナダ王立協会(科学・芸術アカデミー)フェロー。2000年、米国科学振興協会より「科学技術の一般への普及」貢献賞を受賞。2010年、『フォーリン・ポリシー』誌により「世界の思想家トップ100」の1人に選出。2013年、カナダ勲章を受勲。2015年、そのエネルギー研究に対してOPEC研究賞が授与される。米国やEUの数多くの研究所および国際機関で顧問を務める。これまでに米国、カナダ、ヨーロッパ、アジア、アフリカの400以上の会議およびワークショップに講演者として招待されるとともに、北米、ヨーロッパ、東アジアの多くの大学で講義をおこなう。日本政府主導で技術イノベーションによる気候変動対策を協議する「Innovation for Cool Earth Forum(ICEF)」運営委員会メンバー。おもな著書に、『エネルギーの人類史』(青土社)、『エネルギーの不都合な真実』(エクスナレッジ)。

【ビジネス書グランプリ2022ノミネート作品】 


ビル・ゲイツも絶賛の著者が、数字で明かす71の真実

「少子化の未来はどうなる?」「中国はどこまで成長するのか?」「食品ロスのとんでもない量」……。数字で比較すれば、世界のリアルな姿が見えてくる。《人々》《国々》《食》《環境》《エネルギー》《移動》《機械》の7ジャンルから、71のトピックを厳選。この一冊で世界の現状と全体像がつかめる、新しい教養書!


第...


出版社からの備考・コメント


【読者が選ぶビジネス書グランプリ2022】

投票期間:2021年12月13日(月)〜2022年1月10日(月)

下記リンクより投票画面にアクセスいただけます。

【読者が選ぶビジネス書グランプリ2022】

投票期間:2021年12月13日(月)〜2022年1月10日(月)

下記リンクより投票画面にアクセスいただけます。

出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784140818534
本体価格 ¥2,000 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)

NetGalley会員レビュー

世界のあらゆる事柄を数字で説明する本。インターネット上に溢れかえる情報は根拠が不確かで不正確なものもまかり通っている。そのようなさまざまな事柄の事実を正確に見つめ直し、事実を正しく捉えるための一助となる。

このレビューは参考になりましたか?

数値という誰が見ても分かるデータをもとにしているが、
自身の常識と異なっていることが判明して非常にタメになった。
つい誰かに話したくなるトピックも多く、日本が登場することも多々あったので
自分ごととして読むことができてよかったと思う。
また多くの本は引用してきたデータを絶対のものとしていることが多く、
データの集計方法などもちゃんと触れないことがあるが
この書籍は著者が素直に集計方法などに疑問を投げかけた上で提示しているので信頼がおける。

ニュースやSNSで表面だけを見聞きして知った気になっていたが
世界の見え方が変わるいい本でした。

このレビューは参考になりましたか?

世の中には「数字」が必ずといっても良いほど存在する。その中で数字が何を意味しているのか、前後関係を理解していく中で重要なものになってくるが、その背景を知ることができる格好の一冊である。本書にて出てくる数字でもって、どのようにこれからを考えるかの材料になる。

このレビューは参考になりましたか?

なるほど、これを読んでいて、ああ、この世界は数字で表現できるじゃんと思った。世界のあらゆる事柄を数字で説明する本という説明どおりであったが、それは説明されるまでもなくわかりきったことであります。寿命はどこまで伸びるのかとか、ピラミッドの話シトカ個別では好きな話しが多かった。

このレビューは参考になりましたか?