潔白

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2017/07/10 | 掲載終了日 2017/11/27

内容紹介

真実は、ただひとつ。偽造、隠蔽、証拠の廃棄・・・ こんな非道が国家のやり口か!?司法権力に個人は抗えるか

札幌地検に激震が走った。30年前に小樽で発生した母娘惨殺事件に前代未聞の再審請求審が起こされたのである。被告の死刑はすでに執行済みだ。もし、冤罪なら、国家は無実の人間を殺めたことになってしまう。司法の威信を賭けた攻防に、曰く付きエース検事が指名された。



真実は、ただひとつ。偽造、隠蔽、証拠の廃棄・・・ こんな非道が国家のやり口か!?司法権力に個人は抗えるか

札幌地検に激震が走った。30年前に小樽で発生した母娘惨殺事件に前代未聞の再審請求審が起こされたのである。被告の死刑はすでに執行済みだ。もし、冤罪なら、国家は無実の人間を殺めたことになってしまう。司法の威信を賭けた攻防に、曰く付きエース検事が指名された。




おすすめコメント

『文庫X(殺人犯はそこにいる)』の著者・清水潔氏の協力を得て完成した作品。前作『尖閣ゲーム』に続く清水氏とのコンビ。

『文庫X(殺人犯はそこにいる)』の著者・清水潔氏の協力を得て完成した作品。前作『尖閣ゲーム』に続く清水氏とのコンビ。


出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784344031388
本体価格 1500.00

閲覧オプション

ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

司法をめぐる話は、フィクションとノンフィクションの境界が曖昧で、現実に染み出してくるような感じがして、とにかく怖い。特に本作のように実際に起きた事件を引き合いに出して説明されたりすればなおさらだ。しかも最近、まことしやかに囁かれている、誰でもいつでも犯罪者にされてしまうかも知れないという話題ともリンクしてしまえば、足元が揺らぐような感覚すら覚えてしまう。 物語の発端となったような冤罪は、様々な状況によって生まれる。現実は諺とは違い、火のないところに煙は立てられるのだ。さらに立てた煙を消さないように燃料をくべる人たちがいることも詳細に語られる。煙が鎮まったその瞬間、炎は煙を立てた人々に襲いかかるからだ。 一度点火された罪の種火は、関わった人々の誰かを焼き尽くすまで消えることはない。身に覚えのない炎に人生を塵に変えられる者の姿はあまりにも哀れだし、起こしたその火に自らを焼かれる人々の姿とて、それが単純な勧善懲悪、自業自得として納めることも難しく、煙の色はどす黒くなるばかりだ。 この火の粉は、いつか自分の身にも降りかかるのではないかと、とにかく不安に駆られるのだ。 物語自体は、主要人物たちの目指した結末へたどり着いたように思えたが、そこには爽快感ではなく、長い年月への深い疲労感や拭いきれない不安ばかりが残った。 冒頭部分につながる、衝撃的と言ってもいい真実への着地は見事だった。だがそれ以上に、事件の進展の描写が真に迫っていて、今にも行間から伸びてきたおぞましい《現実》につかまれそうで仕方がなかった。

このレビューは参考になりましたか?

すでに死刑執行した人物に冤罪の可能性が浮上した!?それが真実ならば国は無実の人間を殺したことになる!その真相を隠蔽するために、検察はあらゆる手段を講じてきた。検察の横暴と非道に何度も煮え湯を飲まされるが、決してあきらめない弁護側。双方の攻防が、迫力に満ちた筆致で描かれている。現代日本の司法の歪み、また正義とは何かを問う事件ミステリーの傑作。

このレビューは参考になりましたか?

恐ろしい。組織を守る事が優先されることがこんなにも無実の人を傷つけ、それを隠し続ける為の権力側の工作と交渉の凄まじさ。冤罪被害者とその家族は、普通の精神力では無実を晴らすことが出来ない社会となっているのか。権力側の論理は、もう人間の感覚や感情では理解不能。文庫Xや他の冤罪事件作品と併売して平和な生活のすぐ近くで恐ろしい事が待ち受けているという事を喚起して行きたい。

このレビューは参考になりましたか?

表紙に惹かれ、読み始めました。死刑執行済みの再審事件をテーマにした重い内容でしたがとても読みやすかったです。 登場人物の心情や背景が丁寧に描かれており現実に起こりうるリアルさに冤罪という恐ろしさを感じました。 組織防衛に走る検察と裁判所、それに対する遺族と弁護士、マスコミ。 現在の日本の抱える司法の問題などにも精通していて死刑制度についても考えさせられるきっかけになりました。 何よりその明確な人物描写、構成、最後の意外な結末とで読み進めずにはいられませんでした。 司法の現実、警察捜査の闇を知る意味でも読み応えのあるオススメの小説です。

このレビューは参考になりましたか?

登場人物少ないから、真犯人かと疑って読んでましたが、ミスリードさせられました。やられた感ありました。時間あるとき2周目します

このレビューは参考になりましたか?