この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

内容紹介

真実は、ただひとつ。偽造、隠蔽、証拠の廃棄・・・ こんな非道が国家のやり口か!?司法権力に個人は抗えるか

札幌地検に激震が走った。30年前に小樽で発生した母娘惨殺事件に前代未聞の再審請求審が起こされたのである。被告の死刑はすでに執行済みだ。もし、冤罪なら、国家は無実の人間を殺めたことになってしまう。司法の威信を賭けた攻防に、曰く付きエース検事が指名された。



おすすめコメント

『文庫X(殺人犯はそこにいる)』の著者・清水潔氏の協力を得て完成した作品。前作『尖閣ゲーム』に続く清水氏とのコンビ。