100億人のヨリコさん

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2017/08/18 | 掲載終了日 2017/08/17

内容紹介

妖怪と、妖怪のような学生の区別がつきません。

苦学生(というほど勉強熱心ではないが、真実カネがない)の主人公が、大学入学と同時に入寮した、学校敷地内にある学生寮。昭和時代にタイムスリップしたようなボロボロの外観、ネズミやゴキブリどころかハクビシンまで棲みついている寮内、得体の知れないキノコに食用とは考えにくい昆虫の数々、そして極めつけの貧乏人で、探究心と生命力旺盛な先輩学生たち……。学生寮を取り巻くエピソードの濃さに辟易している主人公だったが、さらに先輩からこんなことを聞かされる。「この寮では、血まみれ女が天井に貼りついていたり、トイレの水が突然真っ赤になったりするけど、気にしないで」。……気にならないわけあるか!デビュー10周年のメモリアルイヤーに俊英が放つ、ノンストップエンタテインメント


 


妖怪と、妖怪のような学生の区別がつきません。

苦学生(というほど勉強熱心ではないが、真実カネがない)の主人公が、大学入学と同時に入寮した、学校敷地内にある学生寮。昭和時代にタイムスリップしたようなボロボロの外観、ネズミやゴキブリどころかハクビシンまで棲みついている寮内、得体の知れないキノコに食用とは考えにくい昆虫の数々、そして極めつけの貧乏人で、探究心と生命力旺盛な先輩学生たち……。学生寮を...

出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784334911812
本体価格 ¥1,500 (JPY)

閲覧オプション

ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

流行りのほんわり妖系かと思いきや、途中からパニック映画のような展開。 中盤特に、夜中に1人で読むのはオススメしないかも… 前半、中盤、後半でこうもテンションが違う小説はなかなか読んだことがありません。

このレビューは参考になりましたか?

面白かったー!くすりと笑いながらも、ハラハラドキドキ、ぎょっとしたり、鳥肌がたったり、気持ち悪くなったり…忙しい!でも何か笑える。真剣だし、怖いのに、やっぱり笑える!ツッコミどころ満載!超個性的だけど憎めない登場人物たち、いい味だしてます。 登場人物のキャラクターを楽しみながら、ゆるゆると平穏に読み進めていくと…え!?ホラー!?世界を救う!?急展開ありで途中ではやめられない、一気に読み切りたくなる! 1冊で色々な世界観が楽しめます。

このレビューは参考になりましたか?

最近の傾向として、アニメ的な個性の強すぎるキャラクター設定や主人公のやたらめったらな冷静な心内ツッコミの描写は少々鼻につくことが多いのですが、この作品は嫌味なところがなく、逆にその設定が作品全体を軽快にしてくれていて助かった。 というのも「依子」は貞子さながらの存在。 で、私自身はホラーがとにかく苦手だから。 主人公の小磯君が富穰寮に入って初めて噂の依子が登場するところで正直(あっこれ怖いやつ?ムリかも)と思ったけれど、 先に描かれている小磯くんの誠実な人となりと富穰寮のとにかく呑気でツッコミ所満載の日常生活の布石があるから読み進められた。後半の「依子パンデミック」宛らの部分なんか特にそうだ。 そんな私が最後まで一気読みしたのは、愛着を持てる登場人物達が心霊現象として登場する依子へ行う科学的アプローチを行う下りで、しっかり信頼感を育んでくれたからだと思う。 あと、その過程で紐解かれてゆく依子の存在の定義もとても斬新だ。 例え架空の人物とはいえ、読者との信頼関係というものは存在すると思う。 ありがとう、小磯くん、先輩達。 後半、すごく怖いんだけど君達を信頼できたので読み進めることが出来ました‼︎ とにかく面白いしゾワゾワするしで、是非生徒にも勧めたい。

このレビューは参考になりましたか?

ホップ、ステップ、スイングバイ射出。 ホップ、ステップ、大気圏突破。 ホップ、ステップ、目標消失。 中盤以降、ジャンプなんてものではない跳躍展開で、何が起こってるんだ、これから何が起こるんだと物語の醍醐味を存分に味わうことができた。 魔窟のような学生寮、一風変わった学生たち、そこで起こる怪奇現象、これらが提示される冒頭部分を読んだ時には、ここでのドタバタな日常を描きつつ、ちょっとしたトラブルを解消したり謎を解いたりするのだろうなと、のんびりとした気持ちでいた。もちろん、その範囲内での展開楽しみにもしていたし、キャラクターたちの個性や背景も面白そうだなと思っていた。 それが、あんなことになるなんて…… ヨリコさんの謎を解き明かすという話になった時には、お話が具体的に動き出すなと思った程度だったが、銭湯での仮説が開陳されるに当たり、ちょっと身構えることになり、本格的に展開が始まった時にはとんでもないこと始まってる!どこからそうなった!と完全に臨戦態勢に入っていた。そこからはもう展開を予測するような余裕もなく、ただ彼らの行動に身を委ね、その行く末を見守るしかなかった。 最初に、衝撃を伝えるために、ホップステップ目標消失、と書いたけれど、あれだけのスピードとコーナリングで攻めまくっていたのに、こちらが振り落とされることがなかったのが不思議であり、その不思議を生み出す手腕に唸るところだった。読者は一旦目標を見失うけれど、物語について行けばきっとフラッグは受けられる。そして、必死にしがみついてついて行こうとしなくても、この物語は信じられないような積載量と牽引力で、読者をきちんとゴールまで導いてくれる。 エンタメかくあるべし、と言いたくなるような、とにかく面白い本、と言われた時に紹介できる作品がまた1つ増えた。

このレビューは参考になりましたか?