乗りかかった船

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

文芸小説
刊行日

内容紹介

造船会社の人事部に勤める雄平。彼は工学部で機械工学を専攻し、大学院を卒業したのにも関わらず、新人研修を終えて最初に配属されたのは営業部だった。どうして設計部でも建造部でも開発部でもなく営業に回されるのか、わけがわからなかった雄平だが、人事部に異動し、社内のいろいろな人と関わるうちに、だんだんと自分がどうして今の部署にいるのか、意味を見いだしていく……...