リニア新世紀 名古屋の挑戦

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

内容紹介

本書は、リニア中央新幹線の建設に伴う名古屋駅周辺開発をミッションに、都市づくりのエキスパートである黒田昌義氏が立ち上げた3年間のプロジェクト研究会における議論を元に制作されたものです。

同研究会では、公共経済学の大家である奥野信宏氏が座長となり、様々な分野の有識者を交えて活発な議論が展開された結果、「スーパー・メガリージョン構想」として提言がなされました。

今世紀最大の国土計画を手本とする都市ブランデ...

おすすめコメント

著者からのメッセージ

「スーパー・メガリージョン構想」は、リニア沿線圏域を人口7000万人に上る1つの巨大な広域都市圏として機能させようとするものであり、少子高齢化と人口減少が進む21世紀において、交流連携が生み出すダイナミズムを具現化し、我が国の発展を持続させることを目指している。

スーパー・メガリージョン構想は、我が国の国土の形として長く理解されてきた東京・大阪の二眼レフ論や東京一極集中論から決別...