チュベローズで待ってる AGE32

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2017/12/12 | 掲載終了日 2018/02/04

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#チュベローズで待ってる age32 #NetGalleyJP


内容紹介

【AGE32】

 

2025年夏、ゲームの主人公は僕じゃなかった――。

すべてを覆す愛と衝撃のラストシーンに驚嘆

現役アイドルにして、小説家。唯一無二の肩書を持つ加藤シゲアキが満を持して放つ

上下巻500ページの大長編が緊急発売! 

 

加藤シゲアキ

‘87年、大阪府生まれ。’12年、『ピンクとグレー』で作家デビュー。’14年、『週刊SPA!』誌上で短編「Undress」を連載。同作を収録した短編集『傘をもたない蟻たちは』で、作家としての幅の広さを見せつけた。アイドルグループNEWSのメンバー、俳優としても活躍の幅をますます広げている。

 


【AGE32】

 

2025年夏、ゲームの主人公は僕じゃなかった――。

すべてを覆す愛と衝撃のラストシーンに驚嘆

現役アイドルにして、小説家。唯一無二の肩書を持つ加藤シゲアキが満を持して放つ

上下巻500ページの大長編が緊急発売! 

 

加藤シゲアキ

‘87年、大阪府生まれ。’12年、『ピンクとグレー』で作家デビュー。’14年、『週刊SPA!...


おすすめコメント

皆様の感想お待ちしております!


書店様用のプルーフバージョンです。校正前の原稿であることをご了承ください。

皆様の感想お待ちしております!


書店様用のプルーフバージョンです。校正前の原稿であることをご了承ください。


出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784594078591
本体価格 ¥1,200 (JPY)

閲覧オプション

ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

狂気や恐怖、そんな感情に心が支配されたみたいだった。「怖い」そう思うのに、熱に冒されたようにページを捲る手が止まらなかった。 出会いに意味なんてあるんだろうか?出会わなければ、傷つけられることも、傷つけてしまうこともなかったのに。そんな風に別れてしまった人たちのことを思い出す。けれど、無駄な出会いなんてひとつもなかった。過去も、未来も、今だってそうなんだ。 美津子の最後の言葉。「愛してた」はあの時、伝え損ねた言葉。あの人から受け取り損ねた言葉。そう思うと泣けて泣けてしょうがない。この言葉を胸に、私は今に立ち向かおう。 狂気に支配された心に、今は一面にチュベローズの花が美しく咲き誇っている。この光景を私は一生忘れたくない。

このレビューは参考になりましたか?

もし、age22の続編を書けと言われて、こんな話を思いつく著者はやはり凄い才能だと思う。だって誰も考えつかないよ。この人の視点は。 タイトルの意味が分かった時、涙が出ました。 本当に、もっと、沢山の人に読んでいただきたい作品です。

このレビューは参考になりましたか?

結構立派になっている主人公にちょっと安心。 しかし過去の選択から起こる様々なアクシデント。乗り切った先に待っていた真相に驚きました。

このレビューは参考になりましたか?