にゃん! 鈴江藩江戸屋敷見聞帳

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2018/04/20 | 掲載終了日 2018/04/03

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#にゃん! 鈴江藩江戸屋敷見聞帳 #NetGalleyJP


内容紹介

不思議・痛快・抱腹絶倒!人間味(?)あふれる猫一族のオデッセイ!

 三万石の鈴江藩、江戸の上屋敷に奉公することとなった本所深川の呉服商の娘、お糸。しかし仕える正室の珠子には猫の化身疑惑が!?

さらに屋敷の中は権謀術数が飛び交い、何やら不穏な空気が……。

ユーモアとスリルを交え、女性の眼と猫の眼を通して人と時代を描いた物語。

もちろん猫好きの方にもオススメです♡

 

本書は正規の刊行に先立ち、見本として制作されたパイロット版です。

内容には未校正の部分がございます。

不思議・痛快・抱腹絶倒!人間味(?)あふれる猫一族のオデッセイ!

 三万石の鈴江藩、江戸の上屋敷に奉公することとなった本所深川の呉服商の娘、お糸。しかし仕える正室の珠子には猫の化身疑惑が!?

さらに屋敷の中は権謀術数が飛び交い、何やら不穏な空気が……。

ユーモアとスリルを交え、女性の眼と猫の眼を通して人と時代を描いた物語。

もちろん猫好きの方にもオススメです♡

 

本書は正規の...


販促プラン

書店様向けの事前指定紙をアップいたしますので、ご注文の際、ご使用ください。

書店様向けの事前指定紙をアップいたしますので、ご注文の際、ご使用ください。


出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784592732983
本体価格 ¥1,400 (JPY)

閲覧オプション


NetGalley会員レビュー

化け猫(猫族なんだけどちょいと不思議な一族)姫の珠子に仕えることになったお糸の江戸のドタバタコメディ。登場人物はどのキャラクターも面白かったですが特に珠子パパの権太郎。ルー語炸裂の外国かぶれの化け猫父さん。ルー権太郎とクールな虎女三嶋の掛け合いがとても面白かったです。ぜひ映像化してほしい作品でした。

このレビューは参考になりましたか?

ページの中を縦横無尽に飛び回る魅力的な登場人物たちに目が釘付け。お糸や珠子の愛くるしさもさることながら、周りを固める登場人物、悪役でさえキラリと光る魅力がある。いつまでもいつまでも、彼女たちのドタバタ劇を見ていたくなった。
今までハードルが高かった時代小説。なーんだ、時代小説ってめちゃくちゃ面白いんだ!

このレビューは参考になりましたか?

支えた主人は、ネコ姫様?
藩のお家騒動の裏に狐あり?
ニャンとも不思議な時代小説。

このレビューは参考になりましたか?

ほぼ会話と、独白で進むからかテンポ良く、動き回る登場人物たちの姿が読んでいて見えます。緊張感がありながら、かなり外す場面は作者独特の世界なのかなと思いました。あり得ないけどあり得そうで、江戸時代ながらパララルなのがまた良いです。

このレビューは参考になりましたか?

猫、虎、狐。色々登場してあり得ない物語だったが、とても楽しく読めた。
糸ちゃんの凛々しさが私は好き。猫好きは必読。

このレビューは参考になりましたか?

呉服屋の娘お糸が鈴江藩の大名屋敷に行儀見習いでご奉公に上ってみたらご正室の珠子さまが「猫」に見えて仕方ない⁈の展開から会話のテンポの良さ、珠子さまの可愛らしさと権太郎の格好とか三嶋とのバトル、お糸の凛々しさなど脳内妄想しながら読んでたらあっというまに終わってしまいました。面白かったです。

このレビューは参考になりましたか?