護られなかった者たちへ

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

この作品を話題にする際には、ぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #護られなかった者たちへ #NetGalleyJP

内容紹介

「あなたにこの物語の犯人はわからない」―― 中山七里


仙台市の保健福祉事務所課長・三雲忠勝が、手足や口の自由を奪われた状態の餓死死体で発見された。三雲は公私ともに人格者として知られ怨恨が理由とは考えにくい。一方、物盗りによる犯行の可能性も低く、捜査は暗礁に乗り上げる。三雲の死体発見から遡ること数日、一人の模範囚が出所していた。男は過去に起きたある出来事の関係者を追っている。男の目的は何か? なぜ、三...

出版社からの備考・コメント

所属や本を紹介する場などを、プロフィールにしっかりと記載されている方、読後のレビューをフィードバックしてくださる方を中心に承認させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

おすすめコメント

ヒット作連発の中山七里さん自身が「最高傑作」と太鼓判を押す本作は、生活保護受給制度の闇を描いた社会派ミステリー小説。読者の胸をえぐるような切なく骨太のストーリーと、エンターテインメント作品としての醍醐味があふれる構成に、圧倒されることは必至です!