競争と協調のレッスン

コロンビア×ウォートン流 組織を生き抜く行動心理学

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2018/03/16 | 掲載終了日 2018/07/19

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#競争と協調のレッスン #NetGalleyJP


内容紹介

今日の敵は、明日の味方。

会社や組織において、「競争」と「協調」は二者択一ではない。両者のバランスをとりながら、その間を軽やかに移動すれば、ビジネス社会の中であなたの身を守れる。
最先端のリサーチ技術と心理学の理論に基づく豊富なケーススタディ。

世界MBAランキング上位。
トップビジネススクール、ウォートンとコロムビアの有名教授が教える最強メソッド!


 **


『やり抜く力ーGRIT』(ダイヤモンド社)著者推薦

周囲と波風を立てることなく成功を手に入れるにはどうすればいいか、二人の気鋭の学者がわかりやすく示してくれている。

アンジェラ・ダックワース(ペンシルベニア大学 心理学教授)

今日の敵は、明日の味方。

会社や組織において、「競争」と「協調」は二者択一ではない。両者のバランスをとりながら、その間を軽やかに移動すれば、ビジネス社会の中であなたの身を守れる。
最先端のリサーチ技術と心理学の理論に基づく豊富なケーススタディ。

世界MBAランキング上位。
トップビジネススクール、ウォートンとコロムビアの有名教授が教える最強メソッド!


 **


『やり抜く力ーGRIT』(ダイヤモンド社)著者推薦

...


おすすめコメント

著者のアダム・ガリンスキーは社会心理学者ですが、内容はビジネスに応用可能です。書店ではビジネス書・人文書での展開をご検討ください!

著者のアダム・ガリンスキーは社会心理学者ですが、内容はビジネスに応用可能です。書店ではビジネス書・人文書での展開をご検討ください!


出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784813271536
本体価格 ¥0 (JPY)

閲覧オプション

ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

他人と比較して、落ち込む人、やる気を出す人。失敗して、失脚する人、復活する人。様々な出来事にどのように対処するか、その選択の連続がその人の人生を決める。豊富な例えをもとに、人生を成功させるためのヒントが満載の一冊。

このレビューは参考になりましたか?

60ページぐらいまで読んだとき、通常レビュー対象の本はメモを取りながら読むのだが、今回はそれが追いつかないことに気づき断念。そしてレビューのために急いで読むことも断念。もう買うしかないと決意しました。なにしろ、ここには人と社会についての本質が記されているから。示唆に富む内容で、ここで語られていることは、政治やビジネスだけはではなく、スポーツでもゲームでも、恋愛や家族、コミュニケーションの問題など、つまり人生のすべてに役立つからです。手元に置いておきたい一冊です。

このレビューは参考になりましたか?

アメリカトランプ政権を語る上で頻出の単語「ディール」。その真髄を見たような一冊。日本においてそのまま役立つとは限らないが、少なくとも想定して仕事に当たることは決して無駄ではないだろう。

このレビューは参考になりましたか?

組織の中では、競争と協調のどちらかだけでなく、場面によって競争と協調を使い分けながら立ち回ることが大切だということが分かる本です。具体例が豊富で、自分自身でも思い当たるところがありました。何かの局面で対応が必要なとき「競争」か「協調」かどちらを選ぶかを意識してみたいと思います。

このレビューは参考になりましたか?