4歳の僕はこうしてアウシュヴィッツから生還した

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

この作品を話題にする際には、ぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #4歳の僕はこうしてアウシュヴィッツから生還した #NetGalleyJP

内容紹介


最年少の生還者がつづった感動の実話


1940年にドイツ占領下のポーランドに生まれたマイケルは、ゲットーや収容所暮らしを余儀なくされたのち、わずか4歳でアウシュヴィッツに送られた。なぜ、子どもが次々に殺されていった収容所で、彼は6か月も生き延びられたのか?


悪や絶望がうずまく世界の中で、ひたむきに前を向いて生きたマイケル一族の姿が胸を打つとともに、家族の絆や、希望を失わずに生きることの大切さをあらためて...

おすすめコメント

ニューヨークタイムズ・ベストセラー、米国amazonで★5つの傑作!


「この作品は若い読者向けに書かれた物語形式のノンフィクションだが、そこにつづられた苦難と、それと同じほどの希望は、あらゆる世代の読者に強く訴えかけた。瞠目すべき一冊」(ニューヨークタイムズ紙)


「この感動的な回顧録は、人間の悪の可能性と、それを跳ね返す力の可能性を記した重要な証言である」(パブリッシャーズ・ウィークリー誌)


原書は10...