この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

この作品を話題にする際には、ぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #島のエアライン #NetGalleyJP

内容紹介

たった一機で、地方の人びとの生活や医療、観光を支える、熊本・天草の小さなエアライン。その数々の苦難と人間ドラマを描く、異色の〈実名〉ノンフィクション・ノベル。

著者は、『国家とハイエナ』など経済小説で国際金融の裏側を暴き、『法服の王国』『ザ・原発所長』では法曹界や原発問題に切り込むなど、徹底した取材をもとに社会的話題作を発表し続けている。

今作は、地方の小さな航空会社、熊本に実在する「天草エアライン」...

出版社からの備考・コメント

単行本は上下巻で刊行いたします。値段は各1,500円(税抜き)の予定です。