カラス先生のはじめてのいきもの観察(仮)

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

刊行日

この作品を話題にする際には、ぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #カラス先生のはじめてのいきもの観察(仮) #NetGalleyJP

内容紹介

大事なことは全部、裏山が教えてくれた。


双眼鏡事始め、図鑑の使い方、空飛ぶものへの憧憬、台風の夜、水たまりの生態系、足元の昆虫学…


『カラスの教科書』の人気動物行動学者が自然の中で遊びながら覚えた、動物とのつきあい方。


 


<この本に登場するいきもの、アイテムの一部>


年老いたシカ、竹やぶのイノシシ、針にかかったクサガメ、巨大カムルチー、


クズの秘密基地、イノシシのフン、天守閣のコウモリ、戸袋のヤモリ、ノスリ...

出版社からの備考・コメント

※初校・イラストや漫画もラフです。予価・発売日も前後する可能性がございます。

おすすめコメント

【著者略歴】松原始(まつばら・はじめ)

1969年奈良県出身。京都大学理学部卒業、同大学院理学研究科博士課程修了。動物行動学を専門とし、現在、東京大学総合研究博物館の特任助教。研究テーマはカラスの行動と進化。ベストセラーとなった『カラスの教科書』(雷鳥社~講談社)をはじめ、『カラス屋の双眼鏡」(ハルキ文庫)他、カラスに関する著書多数。