Minecraft マインクラフト はじまりの島

はじまりの島

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2018/07/12 | 掲載終了日 未設定

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#Minecraftマインクラフト #NetGalleyJP


内容紹介

全世界で1億4400万本突破の大ヒットゲーム

『Minecraft マインクラフト』

初のオフィシャル〝小説〟、2018年7月12日発売決定!


学び、工夫し、生きのびろ。最高のぼくを製作(クラフト)するんだ!


なにもかもがブロックでできた世界に、いきなり放りだされてしまったぼく。

ここはどこ? ぼくは誰? いったいここでなにをしたらいいの!? ためらううちに夜がおとずれ、ゾンビやスケルトンがあらわれる…!

恐れることなくこの世界のルールを学び、クラフトの力で武器を作り、安全な家をたてて危機を乗り切れ。あきらめなければ、道はきっと開くんだ!


▪️PC版、Nintendo Switch、PS4など、あらゆるプラットフォームで発売され、世界中で絶大な人気を誇るゲーム――それが『Minecraft  マインクラフト』。

木も、土も、鉱物も、動物も、すべてが立方体のブロックで、できている広大な世界が舞台。

ブロックを壊し、そこから素材を手に入れたり、ブロックを設置して何かを作っていく……。

この世界は、何を作るか、どう遊ぶのか、すべてはプレイヤーの手に委ねられた、自由な世界となっている。

様々な素材を元に、斧やツルハシといった道具を作ったり、ブロックで家や建築物を建てたり、ひとりで遊ぶも、仲間と遊ぶも自由。

そして、世界の端まで冒険の旅に出ることも可能だ!

▪️そんな世界観をもとに開発会社のMojang公認で、執筆された〈小説版〉が本書である。

▪️著者に選ばれたのは、『ゾンビサバイバルガイド』や『WORLD WAR Z(ワールド・ウォー・Z)』で知られるマックス・ブルックス。世界観を任され、誰も知らない、体験したことのない〝マイクラワールド〟が展開される。

▪️本国アメリカで「デジタル世代のロビンソン漂流記」と評され、NYタイムズベストセラーに33週ランクインし、20カ国語に翻訳される本作は、児童書として優れた冒険譚であると同時に、現実社会でのよりよい人生を実現させるための啓蒙書でもあります。

巻末に列記された33項目の教訓を読めば、今日から一流クラフター・充実ライフ間違いなし!


【あらすじ】

いきなり海の中で目覚めた〝ぼく〟は自分が記憶喪失な上、まったく見知らぬ世界に来てしまったことに気づく。

四角い太陽、箱が積み重なって出来たような世界、そして箱のように変化してしまった自分自身の体……!

パニックをこらえ、ようやく無人島にたどり着いて色々と試すうち、何度かパンチするだけで土や木は浮遊するブロックに変化し、自分のポーチに収められることがわかったが、ほどなく夜が訪れ、今度は周囲に敵意を持ったモンスターが現れた!

ゾンビに襲われ、スケルトンに矢を射かけられる中でなんとか避難したぼくは、やがて自分にものを作り出す不思議な「クラフト」の力が備わっていることに気づき、さまざまな道具を作り出すことで危機に対処してゆく。

木から木材を作り、夜を過ごす家を建て、ツルハシで洞窟から鉱物を採集する……。新しいことを一つ試すごとに発見があり、同時に手痛い失敗も味わうが、くじけそうになる心をウシやヒツジとの心の会話で支え、この島で生きてゆくために必要な教訓を体得してゆくぼく。

「ぜったいに諦めるな」「パニックは思考の邪魔になるだけ」「大事なのは失敗をしないことではなく、失敗をどう立て直すかだ」ー。

小さな成功の積み重ねを経て、自爆攻撃をしかけてくるクリーパーや、魔女の奇妙な毒ポーション攻撃をも乗り越えたぼくは、やがて地下深くでモンスターを生み出す仕掛け「スポーナー」を破壊し、今いる島からすべての脅威を取り除くことに成功する。

だが安寧を手に入れた瞬間、この世界で本当に自分が成し遂げねばならないのは、「常に進んでゆくこと」なのだと悟り、ぼくは安住の地で日常を繰り返すことよりも、新たな発見を求めて島を手こぎボートで去るのだった。

この世界に来てからの経験を綴った、一冊のガイド本を残して。


著者プロフィール

マックス・ブルックス Max Brooks

1972年、ニューヨーク生まれ。「サタデイ・ナイト・ライヴ」などの脚本家として活躍後、2003年、『ゾンビサバイバルガイド』(エンターブレイン)で作家デビュー。アメリカでベストセラーとなる。また、初の小説『WORLD WAR Z(ワールド・ウォー・Z)』(文藝春秋)もベストセラーとなり、ブラッド・ピット主演で映画化され、世界中で大ヒットした。

全世界で1億4400万本突破の大ヒットゲーム

『Minecraft マインクラフト』

初のオフィシャル〝小説〟、2018年7月12日発売決定!


学び、工夫し、生きのびろ。最高のぼくを製作(クラフト)するんだ!


なにもかもがブロックでできた世界に、いきなり放りだされてしまったぼく。

ここはどこ? ぼくは誰? いったいここでなにをしたらいいの!? ためらううちに夜がおとずれ、ゾンビやスケルトンがあらわれる…!

恐...


おすすめコメント

本国アメリカで「デジタル世代のロビンソン漂流記」と評され、NYタイムズベストセラーに33週ランクインし、20カ国語に翻訳される本作は、児童書として優れた冒険譚であると同時に、現実社会でのよりよい人生を実現させるための啓蒙書でもあります。

巻末に列記された33項目の教訓を読めば、今日から一流クラフター・充実ライフ間違いなし!

本国アメリカで「デジタル世代のロビンソン漂流記」と評され、NYタイムズベストセラーに33週ランクインし、20カ国語に翻訳される本作は、児童書として優れた冒険譚であると同時に、現実社会でのよりよい人生を実現させるための啓蒙書でもあります。

巻末に列記された33項目の教訓を読めば、今日から一流クラフター・充実ライフ間違いなし!


出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784801915343
本体価格 ¥1,300 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
Kindleへ送付 (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

■「Minecraftの小説 ありえない…… ありえます!」 ■「Minecraftの本 学べない…… 学べます!!!!」 最初の入りが秀逸に面白かった マンガのドクターストーンみたいな感じですね…… でもね……なんっていうか マインクラフトで小説ってっていうのが もう最も僕の心の中を支配していたのですが その設定ゆえの自由度だったり ファンタジー度だったりが その設定のおかげで違和感なく読めました…… 最後に学べたまとめまであるなんて! かなり楽しく読めます しかしうしがあそこまでね……ちょっと一番意外でした(笑)

このレビューは参考になりましたか?

これはハマる!あっという間の冒険で終わりが始まる!僕たちは理解する。 世界中でプレイされたマインクラフトの小説化。ゲームをやったことのない僕もハマる世界感で冒険心をくすぐる。ゾンビや巨大蜘蛛との戦い、飢えや毒とも戦い、孤独のはずの主人公が寄り添う四角のウシやヒツジたち。様々な葛藤で導き出される答えや創造するアイテムの数々、、、。 人生と同じように冒険である。 コンフォートーゾーンの先にはいつも恐怖があり、終始選択するのは常に自分である。本書に目を通してみれば沢山の格言に出会う。 まずは6つのpである計画・準備・優先順位・練習・辛抱・不屈の精神で学ぶプロジェクト概要だ。これはビジネスにとっても参考になるし、人生のコンパス指標にもなるであろう考えである。 そして主人公(作者)がマインクラフトで学んだ25の教えが気持ちを高揚させる。 年齢やプロジェクト問わず、挑戦している全ての人にオススメできる本である。 終わりが始まる!さぁ冒険へ!! 本が好き!倶楽部 せいちゃん

このレビューは参考になりましたか?

大人目線で読むと別の面白さというか、とりあえず子どもは読むだろうなぁと思いながらページを読み進めました。 マイクラ経験者の大人でも、これを読む子どもを想像することで、気持ちがほっこりするのでは? 本当にマイクラ好きの子どものための一冊です。

このレビューは参考になりましたか?

もし、誰もいない世界に急に放り出されたら?しかも今までの常識が通用しないような世界だったら? そんな中で主人公が見つける生き方と教訓、仲間の動物との触れ合いは現実世界の 我々にもさまざまなことを教えてくれます。 実は自分自身もMinecrafterだったりするので、初めての夜の恐ろしさや、新しいものを見つけたとき・何か作った時の面白さはこの登場人物と同じように感じてきました。 自分のキャラクターもこんなこと考えてたら...と思ってしまいます。

このレビューは参考になりましたか?

ゲームが人気なので、てっきり子供向け?と舐めてました。とても面白い! 次どうなるのか…ドキドキと気になって、ハマってしまいました。 太陽までもが四角い世界。 物も記憶も何もない僕が、モンスターに襲われたり、飢餓に震えながら様々な試練を乗り越えていく。 マイクラを買い与える前に読ませたい一冊!

このレビューは参考になりましたか?