徳川慶喜公への斬奸状

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

文芸小説
刊行日

この作品を話題にする際には、ぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #徳川慶喜公への斬奸状 #NetGalleyJP

内容紹介

明治四十三年。最後の将軍・徳川慶喜は七十二歳となり、東京小石川で余生を過ごしていた。ある日、江戸川沿いを散歩していると、見知らぬ男が「第一条 皇室を敬載すべし」と大声で叫びながら、匕首を握りしめ突進してきた。寸でのところで、慶喜邸の警備員が間に入り、男を銃殺する。男の懐には「遥光の斬奸状は天下の愚書である」と書かれた半紙が入っていた。

巡査部長の小川が捜査を進めるうち、男は広津といい、職もなくふらふ...

おすすめコメント

慶喜殺害を目論んだ男の動機とは?

そして斬奸状とは一体何なのか?

販促プラン

<書店員の皆さまへ>

ネットギャリー特別初回指定を受け付けますので、7月30日までにコメント欄にて希望数をお申し付けください!

(少部数のため調整させていただく場合がございます。)

展開して頂けると嬉しいです!