海の歴史

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2018/09/27 | 掲載終了日 2019/03/26

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#海の歴史 #NetGalleyJP


内容紹介

◎世界的な知性が描く「海から見た文明論」
◎大反響を呼んだ『2030年ジャック・アタリの未来予測』(小社刊)の続編的な内容
◎知っておくべき「海を支配する者が世界を制する」という事実
◎「未来予測の要諦は、歴史から学ぶことです」(2018年9月3日号プレジデント誌で池上彰氏との対談)

ジャック・アタリ氏が放つ「海の歴史」。ではなぜ、アタリ氏は海について執筆したのでしょうか。アタリ氏は、同書のイントロダクションでその理由を以下のように述べています。

「海には、富と未来のすべてが凝縮されている。海を破壊し始めた人類は、海によって滅ぼされるだろう。われわれは海を熟考しなければならない。だが、海が真剣に顧みられることはほとんどない。(中略)人類史上の重要な出来事の舞台は常に海なのである」

歴史、政治、文学、経済、文化、産業、軍事、テクノロジーなど、海は、人類に欠かせないあらゆるものを生み出してきたとアタリ氏はいいます。

海を知ることは、壮大な人類史を知ることでもあるのです。

「時空を超える壮大な世界観の歴史書」を堪能ください。

◎世界的な知性が描く「海から見た文明論」
◎大反響を呼んだ『2030年ジャック・アタリの未来予測』(小社刊)の続編的な内容
◎知っておくべき「海を支配する者が世界を制する」という事実
◎「未来予測の要諦は、歴史から学ぶことです」(2018年9月3日号プレジデント誌で池上彰氏との対談)

ジャック・アタリ氏が放つ「海の歴史」。ではなぜ、アタリ氏は海について執筆したのでしょうか。アタリ氏は、同書のイント...


出版情報

発行形態 ハードカバー
ISBN 9784833422970
本体価格 ¥2,300 (JPY)

閲覧オプション

ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

「海」という視点から人類の歴史を紐解いた文明論。 宇宙の誕生から現代、そして未来において、「海」が私たちにとっていかに重要な存在であるか、政治、経済、軍事、通信、貿易など多様な切り口から考察している。 生命の生殖と懐胎の場としての海。 食糧、資源、エネルギーの供給源としての海。 物資の安全かつ効率的な輸送路としての海。 自由の象徴としての海。 自然の循環システムの支柱としての海。 自分の知らなかった数々の「海」を知った。 しかし、知ったのはそれだけじゃない。 この本から私は人類が「海」を汚染し破壊している事実も知った。 膨大な資料が示す数値やデータに自分の無知を思い知らされた。 「われわれは海のことを知らないから大切にしないのだ」。 本著の緒言の言葉が深い意味を持って心に響いた。 「海」について知り、「海」との関わり方を再考する。 「海」に対する認識と行動を改めるきっかけとなった一冊。

このレビューは参考になりましたか?

この本を読んで、海とは、人類そのものを写す鏡のようだと思った。現在の海を見て、何を思うか。 この本では、宇宙の創生、水の誕生から、地球と海の未来予測までの長い歴史が語られている。 そして、海からの恩恵は計り知れない一方で、人類は海を無惨に扱いすぎていないかと思った。ずっとそう思っていたけど、昔から変わらず、人間は人間の都合だけで、海を利用し続けている。海は偉大で、人類がコントロールできるものではないにも関わらず、都合よく勝手に壊したり、使い過ぎている。 海の環境は、急速に悪化している。 この本の紹介文にもあるように、過去から現在、近い未来も、歴史、政治、文学、経済、文化、産業、軍事、テクノロジーまで、これらすべては海の存在なしに成り立たなかった。海を犠牲なしに。 これから、新しい人類の文明をスタートさせたいなら、「海にやさしい」が1番のキーワードではないかと、この本を読んで思った。

このレビューは参考になりましたか?

#海には富と未来のすべてが凝縮されている #海の歴史をまとめあげた本 #人類史上有名な出来事が海で起こっている #海を知らない #海の恵みを収奪 #海を汚染 #海を殺す #水はすべての生物に必要 #海は地球の71% #石炭と石油をめぐる海の支配 #枯渇が予想される海砂 #海を征するものは世界を征する 海について中々奥深い展開でかかれた本です。 #ジャックアタリ #海の歴史 #海 #ocean

このレビューは参考になりましたか?