フェイクニュースを科学する

拡散するデマ,陰謀論,プロパガンダのしくみ

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

この作品を話題にする際には、ぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #フェイクニュースを科学する #NetGalleyJP

内容紹介

虚偽情報お断り! 情報洪水の時代を生き抜くためのリテラシー

2016年、米国大統領選挙を契機に注目を集めるようになったフェイクニュースは、いかにして拡散するのか。本書ではこの複雑怪奇な現象を「計算社会科学」という新しい分野から読み解く。偽情報を信じてしまう人間の認知特性、その情報を拡散させる情報環境の特徴、情報過多と注意力の限界などの側面からフェイクニュース現象の全体像を描き出し、メディアリテラシー...

出版社からの備考・コメント

★現段階のゲラですので、最終版ではありません。内容が変更になる可能性がありますことをご了承ください。

おすすめコメント

■目次
1.フェイクニュースとは何か(フェイクニュースの科学 ほか)
2.見たいものだけ見る私たち(みんなからの影響 ほか)
3.見たいものしか見えない情報環境(噓がこだまする部屋 ほか)
4.無限の情報、有限の認知(情報過多世界 ほか)
5.フェイクニュースの処方箋(偽ニュースを見抜くスキル ほか)
情報生態系の未来