前立腺歌日記

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

文芸小説
刊行日

この作品を話題にする際には、ぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #前立腺歌日記 #NetGalleyJP

内容紹介

がんの話がこんなに面白くてよいのだろうか…!? ドイツ在住の詩人が、自らの体験を飄々と綴った、ユーモアあふれる闘病私/詩小説。

 【あらすじ】
長年ドイツ・ミュンヘンで暮らす「私」に、ある日、前立腺がんが見つかった!  現地での、手術、がんのリハビリセンターに滞在しての「機能回復訓練」、その後の放射線治療、そして得たものは、臍の下の空洞と……。

 【柴田元幸さん推薦!】
「前立腺を除去...

出版社からの備考・コメント

校了前のデータを元に作成しています。 刊行時には内容が異なる場合がありますが、ご了承ください。

おすすめコメント

日本と少し異なるドイツのがん治療事情が垣間見えて、興味深いです。前立腺がんについても、ここまで詳しくユーモラスな体験記はあったでしょうか。

 詩の賞を数々受賞、「現代詩の旗手」と称される四元さんならではの手法で、自作の詩から万葉集などまで、絶妙に織り交ぜながら綴っていくのですが…、グルーブ感あふれる語りは、声に出して読みたくなること必定!