うつくしい繭

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

文芸小説
刊行日

この作品を話題にする際には、ぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #うつくしい繭 #NetGalleyJP

内容紹介

空港も鉄道もない、ラオスの奥地の辺鄙な村。そこに佇む瀟洒なホテルのような施設に、世界中から選ばれた者たちが訪れる。コクーン・ルームで記憶の奥深くにアクセスし、その人に最も必要なものを見せてくれる<トリートメント>という施術を受けるために。心に深く傷を負った私は、レモネードという名前を与えられ、客室係の仕事をはじめるが……。
――表題作「うつくしい繭」。


東ティモール、死者の<声>を聞く少女アニータ。

ラ...

出版社からの備考・コメント

校了前のデータを元に作成しています。 刊行時には内容が異なる場合がありますが、ご了承ください。

おすすめコメント

「ゲンロン 大森望 SF創作講座」の第一回受講生として参加した櫻木氏。ゲンロンSF新人賞の最終候補に残ったものの、応募作が荒削りだったため、受賞はならず。しかし、日本語の素晴らしさと世界観の秀逸さに才能を感じ、2年に渡って改稿を重ねていただき、ついに今回デビューを飾っていただきました。