僕はかぐや姫/至高聖所

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

文芸小説
刊行日

この作品を話題にする際には、ぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #僕はかぐや姫至高聖所 #NetGalleyJP

内容紹介

進学校の女子高で、自らを「僕」と称する文芸部員たち。 17歳の 魂のゆらぎを鮮烈に描き出し、 センター試験出題時に話題騒然となった 著者のデビュー作「僕はかぐや姫」。 無機質な新構想大学の寮で出会った少女たちの 孤独な魂の邂逅を救い上げた芥川賞受賞作 「至高聖所」。 語り継がれる傑作二編が、待望の復刊! カバーイラストは上條敦士氏。

出版社からの備考・コメント

著者略歴 松村栄子(まつむら・えいこ) 1961年静岡県生まれ、福島県育ち。京都市在住。 筑波大学第二学群比較文化学類卒業。 90年「僕はかぐや姫」で海燕新人文学賞を、 92年「至高聖所(アバトーン)」で芥川賞を受賞。 著書に、『雨にもまけず粗茶一服』『風にもまけず粗茶一服』『花のお江戸で粗茶一服』など、 エッセイに『ひよっこ茶人、茶会へまいる。』『京都で読む徒然草』などがある。

おすすめコメント

私の血の中には様々な作家の物語が流れているが、 骨はこの「僕はかぐや姫」ただ一篇によって 形成されているに等しい。 ――宮木あや子