暗殺日和はタロットで

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

この作品を話題にする際には、ぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #暗殺日和はタロットで #NetGalleyJP

内容紹介

「タロットを熟知した僕でも伏線の網に絡め取られました。 バイオレントなのに爽快なんて、ちょっとずるい」
――鏡リュウジ氏(心理占星術研究家)、驚嘆!

交通事故で瀕死の重傷を負ったピアニスト星子真琴。心臓移植で一命をとりとめた彼女は、占いで人生を決める孤高の暗殺者・与一と出逢った。与一がタロットで運勢を占うと「オーディションを受けたら、君は死ぬ」という結果に。それでもコンクール出場を目指す真琴は、なぜ...

出版社からの備考・コメント

校了前のデータを元に作成しています。 刊行時には内容が異なる場合がありますが、ご了承ください。

おすすめコメント

交通事故や母の死……悲劇に次々と襲われながらも、前へ進もうとする女性ピアニスト。
暗殺日をタロットで決める「占い」しか信じない一風変わった殺し屋。二人の周囲にうごめく謎の者たち。先が見えないほどに謎が謎をよび、読み手を翻弄させるほどに二転三転。

私自身はこの作品を読んだときに、赤川次郎さんのサスペンスの読後感に似たものを感じました。読みやすさとスピーディな展開が合わさり、サスペンス映画のような迫力...

販促プラン

講談社×NetGalley×ブクログ コラボプレゼント企画!
「発売前の本にレビューを書こう!」キャンペーン対象作品です。

詳細は下記リンクをご参照ください。

https://hon.booklog.jp/present/kodansha-netgalley-20190222