人生100年時代の経済

急成長する高齢者市場を読み解く

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2019/03/20 | 掲載終了日 2019/04/30

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#人生100年時代の経済 #NetGalleyJP


内容紹介

企業が高齢者向けビジネスで成功するには、

高齢消費者が本当は何を望んでいるのかを

見つけなければなりません。

生命や安全のために必要なものではなく、

彼らをわくわくさせ、幸福にするものは何かを

知る必要があるのです。(本文より) ──────


人生100年時代を迎え、 「老後」の意味が変わった。

65歳以上の人生を豊かにする消費・サービス・ITとは?

高齢者を弱者とみなす時代遅れのイメージと、

医学やITの恩恵を享受するこれからの高齢者の

現実との乖離は広まるばかりだ。

米国だけで年間8兆ドルにのぼる高齢者市場に注目し、

様々なプロダクトの成功/失敗事例をもとに、

世界規模で進む高齢化の問題について包括的に取り組む

マサチューセッツ工科大学高齢化研究所の所長が、

私たちの年のとり方を刷新するデザインとイノベーションを提示する。 

企業が高齢者向けビジネスで成功するには、

高齢消費者が本当は何を望んでいるのかを

見つけなければなりません。

生命や安全のために必要なものではなく、

彼らをわくわくさせ、幸福にするものは何かを

知る必要があるのです。(本文より) ──────


人生100年時代を迎え、 「老後」の意味が変わった。

65歳以上の人生を豊かにする消費・サービス・ITとは?

高齢者を弱者とみなす時代遅...


販促プラン

『LIFE SHIFT: 100年時代の人生戦略』(リンダ・グラットン 東洋経済新報社)の読者の方におすすめの一冊です。

65歳以降の人生をどうすればより快適に、幸福に過ごせるかについてのアイデアとヒントが満載です。

『LIFE SHIFT: 100年時代の人生戦略』(リンダ・グラットン 東洋経済新報社)の読者の方におすすめの一冊です。

65歳以降の人生をどうすればより快適に、幸福に過ごせるかについてのアイデアとヒントが満載です。


出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784757123731
本体価格 ¥2,700 (JPY)

関連リンク

閲覧オプション

Kindleへ送付 (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

本書は高齢者の望む快適な人生とは何かについて論じ、彼らに対するサービスについての誤解を解くと共に、いずれ必ず高齢者になる我々に、より充実した人生を送るために何が出来るかを論じている。 前者についていうと、わたしは障がい者へのサービスも同じように誤解があるように感じた。特に日本では、過剰としか言いようのないサービスを「善意」のもとに(悪意がない分質が良くない)提供する傾向にある。それは一般大衆に対してもそうだ。鉄道の案内、それも扉が閉じるまでの再三の予告・・・誰しも思い当たる節があるに違いない。 自分の人生を良くするために何をするかはもちろん大事だが、それまでに社会に貢献するために自分には何が出来るのか。 高齢化が進む日本において、半世紀前とは全く異なる高齢者の心や環境に関心を持つことは様々なことに通じる大事なことを感じることができると確信した1冊であった。

このレビューは参考になりましたか?