ハロウィン

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2019/04/04 | 掲載終了日 2020/10/15

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#ハロウィン #NetGalleyJP


内容紹介

『IT/“それ"が見えたら、終わり。』に次ぐ大ヒット

世界が震撼した《究極のショッキング・ホラー》

恐怖映画の金字塔『ハロウィン』=〝ブギーマン〟が 40年の時を経て、現代に蘇る――


動機不明

感情不明

人知を超えた怪力

そして不死身――


ホラー映画界の鬼才ジョン・カーペンター監督が生み出した『ハロウィン』(1978)は恐怖の化身“ブギーマン"と象徴的な音楽で全米を震撼させた。 世界的な脚光を浴びた本作は以降のホラー映画に多大なる影響を与え続けている。公開から40年の時を経て、遂に究極のショッキングホラーが解き放たれる! !

映画『ハロウィン』2019年4月12日(金)全国ロードショー  ユニバーサル映画 配給:パルコ

恐怖は、気配を消して近づいてくる。

〈あらすじ〉1978年、ハロウィンの夜。殺人鬼マイケル・マイヤーズが精神病棟から脱走し、街の人々を殺害する事件が発生。彼の目的はひとりの女子高生ローリー・ストロードの命だった。すんでのところでマイケルは射殺されローリーは事件で唯一の生存者となった。この事件を知る人々は畏怖の念を込めて彼を“ブギーマン"と名付けた。40年の時を経た2018年、ハロウィンの夜。精神病棟を移送中に事故が発生し、マイケルは再び行方をくらます。街で起きる恐るべき殺人事件。ローリーは、街に解き放たれた“ブギーマン"と対峙することを決意。恐怖に満ちたハロウィンの夜が始まる――。

『IT/“それ"が見えたら、終わり。』に次ぐ大ヒット

世界が震撼した《究極のショッキング・ホラー》

恐怖映画の金字塔『ハロウィン』=〝ブギーマン〟が 40年の時を経て、現代に蘇る――


動機不明

感情不明

人知を超えた怪力

そして不死身――


ホラー映画界の鬼才ジョン・カーペンター監督が生み出した『ハロウィン』(1978)は恐怖の化身“ブギーマン"と象徴的な音楽で全米を震撼させた。 世界的な脚光を浴びた本作は以...


出版情報

発行形態 文庫・新書
ISBN 9784801918375
本体価格 ¥900 (JPY)

閲覧オプション

ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

映像では観る勇気がないので、小説で、と思い手に取ったのですが、次から次へと描かれる容赦ない惨殺シーンに、ドキドキハラハラしっぱなしでした。 登場人物それぞれの細かい描写が、よりいっそう効果をもたらしているように思います。 最後まで、一気に読みました。 にしても、治安がどうこう言うわりに、ハロウィンと言うイベントは無防備すぎやしまいか、と思ってしまった。

このレビューは参考になりましたか?

旧式殺人鬼【ブギーマン】再起動。 原作と“彼”のブレないスタンスに泣ける。そして“彼”のこだわりにこっそり笑う。 ホラーの生き字引『ハロウィン』がここに忠実に甦る。 生き残った奴を逃しはしない…。

このレビューは参考になりましたか?

名前だけは知っていたブギーマン。 続編なのにあまりにも知識がないために、映画を見てから作品を読むことにした。 マイケル・マイヤーズはいつからからっぽだったんだろう。 子供の時の事件を起こしてから、母を失ってから。 画像で見るより文字を読んだ方が想像力が掻き立てられ怖かった。

このレビューは参考になりましたか?

久々に心理的に追い込まれる作品。 40年前に起こった事件の犯人が巻き起こす、残虐極まりない、理不尽な事件。 何故?という言葉が常に付きまとうが、そんな事はどうでもいい、考えるよりも先に動くことが出来ないと生き残れない。 これが映画化られる前提の作品だとは。 背景を理解してから見ると、さらに興味深いのでは?と思いつつ、先読み出来る状態で観るのはいかがなものかと悩むところ。 少し間を空けてから、観るのが一番良いと言う結論を一旦して読了した。

このレビューは参考になりましたか?