ログインするとリクエスト可能か確認できます。
ログインするとリクエスト可能か確認できます。
ログインするとリクエスト可能か確認できます。
文芸小説
刊行日

この作品を話題にする際には、ぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #心音乾ルカ #NetGalleyJP

内容紹介

私は、一億五千万円さんと呼ばれていました。


城石明音は先天性の心疾患を患っていた。両親は渡米しての心臓移植手術を決断する。そのためには1億5千万円という莫大な費用が必要だった。募金活動の末、明音はチャーター機でアメリカに渡った。ドナーも見つかり、手術も無事に成功し、明音は一命を取り留めた。誰もが明音の生を祝福しているかのようだった。このときまでは――。

白村佳恵は夫の康太とともに、8歳のひとり娘・若葉...

出版社からの備考・コメント

目が疲れてしまった方、少しですがプルーフもご用意しております!

おすすめコメント

『夏光』『メグル』『てふてふ荘へようこそ』の乾ルカ最新作。

募金で心臓移植を受けた明音の一生。多くの人から望まれて得た心臓は、明音の中でどんな音を立てていたのか。

とてもいい作品です。最後まで読み終わったとき、どんな気持ちになりましたか?一人ひとり違う気持ちを抱くのではないでしょうか。ご感想をお聞かせいただきたいです。まずは読んでみてください!

販促プラン

読んで良さを感じて頂けた書店さま!3月中であれば初回指定を承りますので

光文社の荒井(s-arai@kobunsha.com)

までご連絡ください。(調整入る場合がございます。ご了承ください。)