大分断

格差と停滞を生んだ「現状満足階級」の実像

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2019/06/28 | 掲載終了日 2019/06/30

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#大分断タイラーコーエンリバタリアン大格差大停滞大統領選挙 #NetGalleyJP


内容紹介

全 米 ベ ス ト セ ラ ー 『 大 停 滞 』『 大 格 差 』で話題を呼んだ経済学者が、 安定・安全志向が強く変化を極度に嫌う「現状満足階級」の台頭が、 企業間の競争やイノベーションを停滞させていることに警鐘を鳴らす。

アメリカ人はなぜ創造をやめたのか? デジタル技術はなぜ格差の拡大を生んだのか? 開拓者精神を失った世界はどこに向かうのか──。 トランプ以後の世界の行方を占う問題作


[目 次]  

はじめに── 日本は「現状満足階級」の先駆者だ

第1章 現状満足階級の誕生

第2章 移住大国の変容

第3章 甦る社会的分断

第4章 創造しなくなったアメリカ人

第5章 マッチング社会の幸福論

第6章 アメリカ人が暴動をやめた理由

第7章 活力を失った社会

第8章 民主主義の形骸化が進む

第9章 現状満足階級が崩壊する日

解 説 タイラー・コーエンの思想的立ち位置──リバタリアニズム(自由至上主義)という視点 渡辺靖(慶應義塾大学SFC教授)

注/参考文献/索引

全 米 ベ ス ト セ ラ ー 『 大 停 滞 』『 大 格 差 』で話題を呼んだ経済学者が、 安定・安全志向が強く変化を極度に嫌う「現状満足階級」の台頭が、 企業間の競争やイノベーションを停滞させていることに警鐘を鳴らす。

アメリカ人はなぜ創造をやめたのか? デジタル技術はなぜ格差の拡大を生んだのか? 開拓者精神を失った世界はどこに向かうのか──。 トランプ以後の世界の行方を占う問題作


...


販促プラン

経済・ビジネス書コーナーでの展開を希望。

同著者の既刊2点(いずれも好評につき重版)『大停滞』ISBN9784757122802、『大格差』ISBN9784757123267との併売を希望します。

経済・ビジネス書コーナーでの展開を希望。

同著者の既刊2点(いずれも好評につき重版)『大停滞』ISBN9784757122802、『大格差』ISBN9784757123267との併売を希望します。


出版情報

発行形態 ハードカバー
ISBN 9784757123632
本体価格 ¥2,400 (JPY)

閲覧オプション

ダウンロード (PDF)