亥子ころころ

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

この作品を話題にする際には、ぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #亥子ころころ #NetGalleyJP

内容紹介

武家出身の職人・治兵衛を主に、出戻り娘のお永、孫娘のお君と三人で営む「南星屋」。
全国各地の銘菓を作り、味は絶品、値は手頃と大繁盛だったが、治兵衛が手を痛め、粉をこねるのもままならぬ事態に。不安と苛立ちが募る中、店の前に雲平という男が行き倒れていた。聞けば京より来たらしいが、何か問題を抱えているようで――。

 “思い”のこもった諸国の菓子が、強張った心を解きほぐす。
親子三代で営む菓子舗を舞台に、...

出版社からの備考・コメント

校了前のデータを元に作成しています。 刊行時には内容が若干異なる場合がありますが、ご了承ください。 ※発売前の作品のため、ネタバレのレビュー投稿は極力お控えいただけますよう、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

おすすめコメント

どんな困難が訪れようとも、常に明るさを忘れず、家族を、人を思いやる――。
美味しそうな和菓子とともに描かれる、温かくも切ない人情の物語に、担当編集にもかかわらず、原稿を読んでいるときからホロリとしてしまいました。
読み味〝絶品〟に仕上がっております。ぜひ、味見してみてください!

――担当編集者より