終電前のちょいごはん

薬院文月のみかづきレシピ

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

刊行日

この作品を話題にする際には、ぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #終電前のちょいごはん #NetGalleyJP

内容紹介

福岡薬院の裏通り、古いビルの2階にある小さなお店「文月」は《本が読めて手紙が書ける店》。開いているのは三日月から満月の夜の間だけ。仕事でうまくいかなかったり、恋愛が不安だったり、誰かと話したかったり、家に帰る前にちょっとどこか寄りたいとき、店主の文がつくる気の利いた季節のちょいごはんが、誰の心もやさしく癒してくれます。 ほっこりあたたかくなる美味しい物語。巻末にレシピ付き。 

出版社からの備考・コメント

「第1回おいしい文学賞」最終候補作品

おすすめコメント

仕事のあとまっすぐ家に帰りたくないような時、一人で寄れるこんなお店が本当にあったらいいのに! と強く思ってしまいます。空の月を見たら、営業中かお休みかわかるのも、なんだか素敵です。