新選組のレシピ

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2019/07/10 | 掲載終了日 2019/07/03

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#新選組のレシピ #NetGalleyJP


内容紹介

【あらすじ】

交通事故に遭った拍子に、幕末にタイムスリップしてしまった、京都の老舗料亭の見習い・神崎花。

彼女は怪しい者として、土方歳三ら壬生浪士たちの取り調べを受けるが、料理の腕を見込まれ、そのままお抱え料理人となることに……。

山崎烝が花の世話役となり、沖田総司にしきりとちょっかいをかけられる中、彼女は、芹沢鴨という局長が、十年前に失踪した父と瓜二つであることに気づく。

【あらすじ】

交通事故に遭った拍子に、幕末にタイムスリップしてしまった、京都の老舗料亭の見習い・神崎花。

彼女は怪しい者として、土方歳三ら壬生浪士たちの取り調べを受けるが、料理の腕を見込まれ、そのままお抱え料理人となることに……。

山崎烝が花の世話役となり、沖田総司にしきりとちょっかいをかけられる中、彼女は、芹沢鴨という局長が、十年前に失踪した父と瓜二つであることに気づく。


出版情報

発行形態 文庫・新書
ISBN 9784569768939
本体価格 ¥760 (JPY)

関連リンク


NetGalley会員レビュー

とても読みやすかったです
新撰組好きの私にも楽しく読めました
史実とは違うストーリーですが面白くまとまっていました
料理のレシピを試してみたいなって感じたり
この先主人公たちがどんな風に絆を強くしていくのかきになってます

このレビューは参考になりましたか?

レシピとタイトルに入っているためもっと料理に関する記述や表現があると思っていたので
すこしがっかりした。
このジャンルではよくある展開であったが最後はちょっと想像と違っていて意表を突かれた感がある。
別段新選組にとらわれなくても良かったのではないかなと思う
全体的には読みやすくスルスル読めたし面白かった
続編も期待できそう

このレビューは参考になりましたか?

お料理が美味しそう。
新選組の面々がイケメンすぎます。
意外な展開に このあとどうなるの!?
とても続きが気になります。
それぞれの思いの行方も気になります。
ハラハラどきどき❤
新選組は色々な話になっていますが
歴史を交えながらのオリジナリティーが
とてもたのしく読めました。

このレビューは参考になりましたか?

小説の素晴らしさの1つは、いかなる世界をも描けるということ。しかしすみません。新選組に深く興味を持つ一人としては、あまりにもかけ離れていて、敢えて新選組を名乗らなくても良いのではないかと思う。新選組という言葉自体に惹かれる人もあるかもしれないし、新選組と名のつく物語も多くあるのは分かる。しかし料理人といえど、身元不明のものを受け入れるわけもなく、もう少し敬意を払ってほしいというか、もう語る人がいないからこそ、むやみに荒らしたくない。ぜひ、自身の創作する集団を作り、そこの人たちを活躍させてほしいと願う。

このレビューは参考になりましたか?

タイトルからお料理メインの小説かと思いきや、人の心や、世の中の不条理、正義に対する考え方など、色々と考えさせられる作品でした。とても好きな作品です。史実をこんな形で考えるのもとても興味深く、一気読みでした!

各章ごとに出てくるお料理にも心引かれました♪読みやすい中にも、自分は果たして主人公と同じ立場ならどう思うかなど考えさせられる台詞も多く、この後のお話も読んでみたいと思いました。学生さんにも読んで欲しい作品です。

新選組の主要メンバーの個人的な概念が変わった作品でした。とても楽しく読めました。新選組好きの自分からも、新選組好きさんにオススメします♪

このレビューは参考になりましたか?

「タイムスリップ系の料理もの」と一括りにできない深さがあって、予想外の方向に展開していく。
正義が何か、誰が正義なのかもわからない不条理な時代に突然タイムスリップしたら...
20歳の女性:神崎花(料理人見習い修行中)から見た新撰組の内部や関わった人たちが描かれている。

新撰組ファンや幕末ものが好きな人からは批判が出そうだが、
攘夷?尊皇?よく理解できていない私は興味深く読めて理解しやすかった。

帰宅途中、車にはね飛ばされ、突然消えた父親(芹沢!大胆な発想)と花は再会できたが、
二人とも現代に戻れたのか?続編があるのかもしれない。

このレビューは参考になりましたか?

読みやすく楽しく読むことができた。
正義とはなんなのか、世の中の不条理、なぜ人を斬るのか、といったタイトルから想像したよりも重い内容もあった。
タイムスリップものの典型的な展開だったが、ラストの展開が予想していたものと違った。料理要素がもう少しあるのかと思ったが、後半になるとあまり料理要素が出てこなかった。

このレビューは参考になりましたか?