ゆめタウンの男

戦後ヤミ市から生まれたスーパーが年商7000億円になるまで

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

この作品を話題にする際には、ぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #ゆめタウンの男 #NetGalleyJP

内容紹介

西日本ではイオンモールと並ぶ巨大GMSの「ゆめタウン」。

著者の山西義政(イズミ名誉会長)は、戦後の広島のヤミ市から身を起こし、現在は売上7000億円の一大流通チェーンになった。

20歳で海軍入隊し、潜水艦「伊四〇〇型」の機関兵だった山西はいかに巨大流通チェーンを築きあげたのか?

現在はセブン&アイHLDGSと業務提携するなど流通再編の台風の目ともなっているイズミ。その誕生から現在の取り組みまでを、創業...

おすすめコメント

セブン&アイHLDGS名誉会長、伊藤雅俊氏推薦!

「戦友、山西さんの本、勉強になりました」

現在96歳の現役経営者の取り組みは

多くの高齢者にも元気を与えることになりそう。

販促プラン

姫路より西のゆめタウンには、紀伊國屋、宮脇書店、くまざわ書店、積文館、明林堂、金文堂、フタバ図書、啓文社さまほかが入っていますので、その書店さまでの展開。また、弊社既刊『イオンを創った女』との併売などをお勧めいたします。