お江戸けもの医 毛玉堂

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

この作品を話題にする際には、ぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #お江戸けもの医毛玉堂 #NetGalleyJP

内容紹介

心を通わせるには、寄り添うことをあきらめちゃいけない。
犬医者を題材に思いやる人の温もりを描いた、江戸版“ドリトル先生”物語!


「うちの子を、助けてください!」

夫婦で営む養生所《毛玉堂》にやってくるのは、病める動物たちと悩める飼い主たち。
“人情”という妙薬が、傷ついた心と体を癒していく――。

江戸の世でも、ペットを思う気持ちは変わらない。
もふっと可愛く、ほっこり温かい、時代小説の新風にして“...

出版社からの備考・コメント

校了前のデータを元に作成しています。 刊行時には内容が若干異なる場合がありますが、ご了承ください。 ※発売前の作品のため、ネタバレのレビュー投稿は極力お控えいただけますよう、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

おすすめコメント

愛するペットの不調に途方に暮れるも、薬もなければ手術の技術もない。そんな時代に、もし、“動物のお医者さん”がいたら――。
本作の主人公である“けもの医者”は、そんな会話から生まれました。
飼い主の話に耳を傾け、言葉を持たない動物が出す小さなサインを救い上げ、解決の糸口に到達した時、秘められたペットたちの温かな“思い”にギュッと胸が締め付けられます!

「ありそうでなかった!」「ほっこり愛おしい」「ミステ...