この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

この作品を話題にする際には、ぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #欺す衆生 #NetGalleyJP

内容紹介

被害者数三万人、被害総額二千億円以上――。

戦後最大かつ現代の詐欺のルーツとされる横田商事事件。その目撃者であり末端の営業マンであった隠岐は、かつての同僚の因幡と再開。導かれるがまま〈ビジネス〉を再興する。

取り返そうよ、ここらで僕達の人生を。僕と君は一蓮托生なのだから。

幾多の修羅を経て、詐欺の魅力に取り憑かれていく隠岐。ついには〈国家〉を欺く一大事業へと発展していくのだが――。...

出版社からの備考・コメント

感想をお送りいただいた書店さま、初回配本のご希望を承ります。 販促素材より、お申込み用紙をDLくださいませ。 ご希望〆切は8/8(木)です。

おすすめコメント

昭和、平成の闇を通じて、現代日本の実相を描破する、規格外の暗黒小説!

人はなぜ、人を欺き続けなければ生きていけないのか――。

本作は昭和という時代を象徴する、〈豊田商事事件〉を起点にしながら、現代にまで連なる人間の持つ本質的な〈闇〉へと迫ります。 迸る熱量と予想を超える展開の数々に圧倒されること間違いなし!

ぜひ、刊行前にご一読ください!