じょうききかんしゃビーコロ

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2019/08/26 | 掲載終了日 2019/08/26

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#じょうききかんしゃビーコロ #NetGalleyJP


内容紹介

ビーコロは工場の中だけしか走れない、小さな蒸気機関車。修理にやってくるのは、力強いデゴイチや速く走れるシロクニなどの機関車たち。ある日、古くて美しい姿の機関車・ヨシツネが工場へやってきた。ヨシツネはビーコロが、思いきり外を走ってみたいという思いを持っていることを知り、ビーコロのために、他の機関車仲間や作業員さんたちにも協力をよびかけて、特別列車を走らせることになる。先頭はもちろんビーコロ!

ビーコロは工場の中だけしか走れない、小さな蒸気機関車。修理にやってくるのは、力強いデゴイチや速く走れるシロクニなどの機関車たち。ある日、古くて美しい姿の機関車・ヨシツネが工場へやってきた。ヨシツネはビーコロが、思いきり外を走ってみたいという思いを持っていることを知り、ビーコロのために、他の機関車仲間や作業員さんたちにも協力をよびかけて、特別列車を走らせることになる。先頭はもちろんビーコロ!


出版社からの備考・コメント

ミノオカ・リョウスケ(美濃岡亮介)1961年兵庫県神戸市生まれ。滋賀大学教育学部美術家卒業。絵本に『まんまるダイズみそづくり』(福音館書店かがくのとも)『どんどんキップ』(鈴木出版)紙芝居に『ここほれガッチャ』『しゅつどう!はしごしゃノビールくん』『よるのせいそうしゃスイーパーくん』(以上童心社)などがある。子どものための美術教育やワークショップにも取り組んでいる。

ミノオカ・リョウスケ(美濃岡亮介)1961年兵庫県神戸市生まれ。滋賀大学教育学部美術家卒業。絵本に『まんまるダイズみそづくり』(福音館書店かがくのとも)『どんどんキップ』(鈴木出版)紙芝居に『ここほれガッチャ』『しゅつどう!はしごしゃノビールくん』『よるのせいそうしゃスイーパーくん』(以上童心社)などがある。子どものための美術教育やワークショップにも取り組んでいる。


おすすめコメント

ビーコロと呼ばれたB20形蒸気機関車は、構内入れ替え作業のためだけに作られた、外を走れない小さな機関車。たった一度だけ、イベント列車として客車を引いた記録があり、その事実をもとに想像をふくらませたお話です。B20以外にも、D51(デゴイチ)C62(シロクニ)7100義経号(ヨシツネ)等、日本の蒸気機関車の歴史を代表し物語る機関車が登場します。京都鉄道博物館で動態保存され、見ることができます。

ビーコロと呼ばれたB20形蒸気機関車は、構内入れ替え作業のためだけに作られた、外を走れない小さな機関車。たった一度だけ、イベント列車として客車を引いた記録があり、その事実をもとに想像をふくらませたお話です。B20以外にも、D51(デゴイチ)C62(シロクニ)7100義経号(ヨシツネ)等、日本の蒸気機関車の歴史を代表し物語る機関車が登場します。京都鉄道博物館で動態保存され、見ることができます。


販促プラン

恐れ入りますが、この作品のネットギャリーでの閲覧は、書店関係者様、図書館関係者様に限らせて頂いております。ご了承ください。 書店関係者様、図書館関係者様からのリクエスト受付は、8/25まで。 皆様のリクエストとレビューをお待ちしております!

恐れ入りますが、この作品のネットギャリーでの閲覧は、書店関係者様、図書館関係者様に限らせて頂いております。ご了承ください。 書店関係者様、図書館関係者様からのリクエスト受付は、8/25まで。 皆様のリクエストとレビューをお待ちしております!


出版情報

発行形態 ハードカバー
ISBN 9784494015689
本体価格 ¥1,400 (JPY)

閲覧オプション

ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

私は汽車、電車には全く知識がないのですが、お好きな方にはたまらないのではないでしょうか。
ビーコロと呼ばれた機関車は、工場の中でしか走ることがなく、しかも数も少なかったそう。
現在では見ることさえも困難な貴重な車両が、絵本の中では生き生きと伸び伸びと描かれています。

このレビューは参考になりましたか?