縁(ゆかり)

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

文芸小説
刊行日

この作品を話題にする際には、ぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #縁ゆかり #NetGalleyJP

内容紹介

2019年本屋大賞第2位『ひと』(祥伝社)の俊英が描く、傑作群像劇!

人と人はつながっている。
たとえ、どこの誰だか知らなくても。

地味だからこそ心にしみて、ホッとする。
疲れたときこそ読んでほしい、あたたかな読後感!

【著者メッセージ】
『ひと』で人の縁を描いたのだとすれば、
『縁』では人の縁の裏を描いたのかな。
書き終えた今、そんな気がしています。

---------------------

■霧
「親御さんと、こ...

出版社からの備考・コメント

校了前のデータを元に作成しています。 刊行時には内容が若干異なる場合がありますが、ご了承ください。 ※発売前の作品のため、ネタバレのレビュー投稿は極力お控えいただけますよう、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

おすすめコメント

今年の本屋大賞で大躍進を果たした小野寺史宜さん、入魂の最新作です。
「『ひと』が人の縁の表だとすれば、『縁』は人の縁の裏を描きました」と小野寺さんが語る通り、『ひと』と表裏一体のこの作品。
世の中、「いい」人ばかりではないけれど、「悪い」人ばかりでもない。
嫌なことがあった後に読んでほしい、まっすぐで爽やかな作品です。読んで損はさせません!