通夜女

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2019/10/31 | 掲載終了日 2020/07/06

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#通夜女 #NetGalleyJP


内容紹介

小夜子は一年前の就職活動で失敗して以来、
引きこもりの生活をしている。 弟の結婚式にいやいや出席後、
道に迷ってしまい、誰かの通夜に遭遇する。
そこには悲しみが溢れていた。
世の中、悲しんでいる人は私だけではない!
悲痛な想いをしている空間が小夜子にとっては
心地よい場所となった。
その日から小夜子の通夜通いが始まったのだった。

葬儀場で人生が変わる!

小夜子は一年前の就職活動で失敗して以来、
引きこもりの生活をしている。 弟の結婚式にいやいや出席後、
道に迷ってしまい、誰かの通夜に遭遇する。
そこには悲しみが溢れていた。
世の中、悲しんでいる人は私だけではない!
悲痛な想いをしている空間が小夜子にとっては
心地よい場所となった。
その日から小夜子の通夜通いが始まったのだった。

葬儀場で人生が変わる!


おすすめコメント

◆通夜女3カ条◆
・通夜の空間を演出し、遺族を慰める。
・焼香を済ませ、通夜ぶるまいを食べたらそっと消える。
・通夜女が現れると葬儀社が儲かるらしい。

就職活動に失敗し、心がぽっきり折れた小夜子は、
ふらりと通夜に立ち寄る。 開場には香の匂いとお経、
木魚のリズム、 そしてすすり泣く声が――。
そこには奇妙な老婆がいた。
通夜を渡り歩き、遺族を慰める「通夜女(つやめ」 だと
彼女は名乗る。 さまざまな葬儀を通夜女と訪れるうちに、
 小夜子の心に変化が訪れる。

さよならから始まる人生がある。

◆通夜女3カ条◆
・通夜の空間を演出し、遺族を慰める。
・焼香を済ませ、通夜ぶるまいを食べたらそっと消える。
・通夜女が現れると葬儀社が儲かるらしい。

就職活動に失敗し、心がぽっきり折れた小夜子は、
ふらりと通夜に立ち寄る。 開場には香の匂いとお経、
木魚のリズム、 そしてすすり泣く声が――。
そこには奇妙な老婆がいた。
通夜を渡り歩き、遺族を慰める「通夜女(つやめ」 だと
彼女は名乗る。...


出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784198649500
本体価格 ¥0 (JPY)

NetGalley会員レビュー

通夜女と聞いて通夜や葬儀で雇われて泣く女?と思ったけど違ってた。
人の転機はわからない。
上手くいかないときは何をしても上手くいかないけど、それをどう超えるか。
ところどころ、これは私だっと思う部分があってちょっとドキッとした。

このレビューは参考になりましたか?