あしたの、のぞみ

「今日をちょっとラクに、明日をちょっと楽しみにする」暮らしの見つけ方

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

この作品を話題にする際には、ぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #あしたののぞみ #NetGalleyJP

内容紹介

3年ぶり!森下えみこが描く、待望の書き下ろしがオールカラーで登場! 「未来は見えないけれど、せめて今を楽しく暮らしたい」。 会社員で一人暮らし、世間にも、 自分にもちょっとお疲れ気味の「のぞみ」が、 日々の生活に癒しと潤いを取り入れようとするお話です。 平日がラクになる部屋づくり、 心地よく眠るコツ、 小さな疲れやモヤモヤを減らすコツ、 最高の安心感を得られるおやつ選びなど、...

出版社からの備考・コメント

【著者情報】イラストレーター/マンガ家 静岡県生まれ、コミックエッセイのほか、書籍や広告、雑誌などのイラスト、マンガを手がけている。主な著書に『40歳になったことだし』(幻冬舎)、『今日も朝からたまご焼き』、『独りでできるもん』シリーズ(ともにKADOKAWA/メディアファクトリー)、『キャベツのせん切り、できますか?』(ナツメ社)など多数。

おすすめコメント

【担当者コメント】主人公「のぞみ」はどこにでもいる30代。 まわりの人たちの人生や、世間の声も気にはなるけど、  まずは自分のために、目の前のことを大切にしようと暮らしのメンテナンスを始めます。 小さな日常が愛おしく思えるようになる、そんなエピソードが満載です。