10にんのせんにん

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

この作品を話題にする際には、ぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #10にんのせんにん #NetGalleyJP

内容紹介

山のてっぺんに、仙人が住んでいた。

ふもとの方から聞こえてくる「うーんうーん」という声に、

山をおりていくと、郵便屋さんが倒れている。

仙人は、自分のひげを9本抜くと、分身の術で9人の自分を作り、

代わりに手紙を届けはじめる。

ラストでは、きつねの子に化かされながら、

お母さんに手紙を届けてみたい、というきつねの子の願いを叶えてあげる。

おすすめコメント

淡々としたユーモアを貫きながら、あたたかさをも感じさせる作品です!

他に迎合しない独特な作風から、佐々木マキ先生には、子どもからおとなまで、数多くの根強い固定ファンがいます。


販促プラン

好評既刊『びっくりおおかみ』に登場した仙人が、本書の主人公です。その他佐々木マキ作品とも併せてオススメできます。