こちら、発達障害の世界より

生きやすく生きることを求めて

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2019/12/16 | 掲載終了日 2020/01/10

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#こちら発達障害の世界より #NetGalleyJP


内容紹介

混沌としたミライを渡っていくための、本という名のチケット。新レーベル『ミライのパスポ』第1弾!

小さい頃から、言葉はへたくそで、乱暴で、怒りやすくて、泣きやすかった。分かっていても、自分の行動を止めることができなかった。ボクは現実から逃れるために、小学校卒業と同時に記憶を封じ込め、全てを忘れることにした。

そして大人になり、発達障害者を支援する心理士として働き始めていくうちに、何もかもがうまくいかなくなる。発達障害の診断を受け、うつ病の当事者ともなって休職したとき、ボクは、閉じた記憶のパンドラの箱を開いて、過去の自分と向き合うことを決めた――。

自閉スペクトラム症の当事者であり、子どもから大人までの療育とカウンセリングに携わる支援者。ふたつの立場をもつ1人の人間としての〈信念〉に基づき、時にシリアスに、時に軽妙に、「あり得ないことがあり得る」発達障害特有の世界を伝える、清冽な自叙伝。生きづらさを抱える全ての人が「生きやすく生きられる」ための道を描き出す。

混沌としたミライを渡っていくための、本という名のチケット。新レーベル『ミライのパスポ』第1弾!

小さい頃から、言葉はへたくそで、乱暴で、怒りやすくて、泣きやすかった。分かっていても、自分の行動を止めることができなかった。ボクは現実から逃れるために、小学校卒業と同時に記憶を封じ込め、全てを忘れることにした。

そして大人になり、発達障害者を支援する心理士として働き始めていくうちに、何もかもがうまく...


販促プラン

ご注文は、出版社と書店とをダイレクトにつなぐ BookCellarをご利用くださ い。

https://www.bookcellar.jp/

ご注文は、出版社と書店とをダイレクトにつなぐ BookCellarをご利用くださ い。

https://www.bookcellar.jp/


出版情報

ISBN 9784907582203
本体価格 ¥1,700 (JPY)

閲覧オプション

ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

当事者が書くハンデのある世界の本が増えている。どんな時、どんなことで、どんなふうに感じたのか。本当に必要としている支援を受けられているのか。表現されるものが増えれば増えるだけ、対処の仕方も増える。人それぞれとはいえ、なかなか実践できないことが多いし、表現が限られると多に紛れさせてしまうことも多いと思う。合った支援を、とは理想かもしれないがそれを追いたい。

このレビューは参考になりましたか?