ベネベントの魔物たち③ 魔女の足音にご用心

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

児童書/絵本
刊行日

この作品を話題にする際には、ぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #ベネベントの魔物たち③魔女の足音にご用心 #NetGalleyJP

内容紹介

ベネベントは、本当にある町です。一見ごくふつうの町ですが、ひとつだけ、とてもかわっていることがあります。それは、世界中のどこよりも魔物がたくさん住んでいるということ。魔物は、町のいたるところにひそんでいます。井戸の中、橋の下、劇場のあと……。もしかしたら、おとなりさんや家族のだれかが、魔物かもしれません。ほら、またきょうも魔物がいたずらを始めたみたい。ベネベントの子どもたち! 魔物に目をつけられな...

出版社からの備考・コメント

【ご注意下さい】載枠数の都合で3巻と4巻をつなげてあります

おすすめコメント

【著者紹介】

作者:ジョン・ベーメルマンス・マルシアーノ

コロンビア大学卒業後、記者やプログラマーなどの仕事についたあと、作家になる。作品に、祖父ルドウィッヒ・ベーメルマンスの「げんきなマドレーヌ」シリーズを引きついだ『マドレーヌのメルシーブック』(BL出版)などがある。


画家:ソフィー・ブラッコール

絵本作家。絵本『300年まえから伝わる とびきりおいしいデザート』(あすなろ書房)をはじめ、児童書の...

販促プラン

【編集者より】

このシリーズは、「しかけ」に満ちています。巻ごとに主人公の子どもたちが交代するのですが、語られるのは、同じ時期の同じ出来事。それを、読者はそれぞれの視点から多面的に追っていくのです。たとえば、みんなとはぐれた友だちが、本当はどこでなにをしていたのか? なにかを言いかけて口をつぐんだ友だちは、そのときなにを考えていたのか? ちりばめられていたナゾの真相が、巻を追うごとに少しずつ...