母さんは料理がへたすぎる

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

刊行日

この作品を話題にする際には、ぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #母さんは料理がへたすぎる #NetGalleyJP

内容紹介

僕の名前は山田龍一朗。今春、なんとか志望校に入学できた十五歳。 山田家の父親は、三年前に事故で他界。会社勤めの母親と、幼稚園に通う三つ子の妹たちのごはんをつくり、面倒を見るのが高校1年生の龍一朗の役目。もともと料理は好きだけど……。

寝ている間は父親に会いにいける渉。自分だけの自分を探し中の透。切ない恋をしてしまった蛍。夫が死んでからふろふき大根が食べられない母の琴子。それぞれつまずいたり...

おすすめコメント

料理をおいしく食べてもらえると、自分自身が満たされる龍一朗。 恋や進路に悩みつつ、家族や周囲の人の中で成長していく様がとても健気で共感を呼びます。

未来の明るさを信じ、生きる力がわいてくる作品です!