天邪鬼な皇子と唐の黒猫

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

この作品を話題にする際には、ぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #天邪鬼な皇子と唐の黒猫 #NetGalleyJP

内容紹介

「猫なんか好きじゃない。仕方なく飼ってるだけ」と言いながら『寛平御記』に猫のことを延々と綴り残した宇多天皇(867-931年)。史実をベースにした創作物語です。

その昔。蘇州で商人につかまって倭国(日本)に運ばれてきた黒猫は、時の天皇に献上され、息子の定省(さだみ)に飼われることに。猫を理解しない定省の待遇に辟易しつつ、手ずから用意してくれる乳粥がうまくて気に入ります。のんびり平和にぐうたら...

おすすめコメント

「おれさま」という黒猫の一人称で物語は進みます。 顎をなでさせてやったり、膝の上でまるくなってやったり、己のかわいさを知り人ころがしをする黒猫、小憎らしいやつです。

しかしなんといっても、情に厚くまっすぐ生きようとする定省にも、強くてクールな黒猫にも人間的な(?)魅力が多分にあり、「猫なんか」と散々言っていた定省とクロの間に、いつの間にか深い絆が生まれているところが魅力です。ボロボロになって帰...