エリン 才能発掘、タレントショー

プログラミングガールズ!

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2020/03/05 | 掲載終了日 2020/01/17

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#エリン才能発掘タレントショー #NetGalleyJP


内容紹介

【ご注意下さい】 ここに掲載している作品データは完成版ではありません。刊行までに仕様が変更になる場合もございますのでご注意下さい。

生徒がそれぞれの特技や作品を発表する学校行事、タレントショー。今年は、参加者がまず自分の出し物の動画を作ってウェブアプリに投稿し、全校生徒がそれに投票して決勝戦に進むファイナリストを決めるという予選が行われることになった。そのためのアプリを開発するのは、もちろんプログラミング・クラブ!
クラブのメンバーで俳優志望のエリンは、舞台の上でパフォーマンスすることを誰よりも楽しみにしていたが、同時に、アプリをプログラミングする仕事も引き受け、手一杯になっていた。でも、それは計算済み。忙しくしていれば、いつも頭から離れない「あの不安」を忘れられる——そう思っていたエリンだったが、ある日恐れていた発作が起きてしまう。  シリーズ最終巻のテーマは、アプリ制作。この新たな試みに挑戦するプログラミング・クラブのメンバーたちは、「どうすれば多くの生徒たちに投票してもらえるか?」「候補者を公正にえらぶ評価方法とは?」などのさまざまな課題を洗い出し、工夫を重ねます。持てるプログラミングの技術を使って、学校の行事をより活気のあるイベントにしようと頭をしぼるミドルスクールの生徒たちの、汗と涙の物語です!

【ご注意下さい】 ここに掲載している作品データは完成版ではありません。刊行までに仕様が変更になる場合もございますのでご注意下さい。

生徒がそれぞれの特技や作品を発表する学校行事、タレントショー。今年は、参加者がまず自分の出し物の動画を作ってウェブアプリに投稿し、全校生徒がそれに投票して決勝戦に進むファイナリストを決めるという予選が行われることになった。そのためのアプリを開発するのは、もちろんプ...


おすすめコメント

【著者紹介】
作 ミッシェル・シュスターマン
アメリカの児童文学作家で、これまでに100冊近くの子ども向けの本を執筆してきた。作品に、I ♡ Bandシリーズ、 Kat Sinclairシリーズ、Secrets of Topseaシリーズ、The Pros of Cons、Olive and the Backstage Ghost、Spell and Spindleなど。

訳 美馬しょうこ (みま しょうこ)
翻訳家として、英語やスペイン語圏の児童書の紹介につとめている。訳書に『わたしの すてきな たびする目』(第61回産経児童出版文化賞・翻訳作品賞)『ジャガーとのやくそく』『ペネロペひめと にげだしたこねこ』など。

絵 高橋由季 (たかはし ゆき)
イラストレーターとして、書籍や雑誌、広告、CDジャケットなど、さまざまな媒体で活動中。2010年より、カヤヒロヤとともにデザインユニット「コニコ」を結成。2014年、第190回ザ・チョイスで準入選。2016年、韓国のブックショップYOUR MINDより「Coffee&Bread」を出版。http://takahashiyuki.com

監修 石戸奈々子 (いしど ななこ)
NPO法人CANVAS理事長、株式会社デジタルえほん代表取締役、慶應義塾大学教授。政策・メディア博士。東京大学工学部卒業後、マサチューセッツ工科大学メディアラボ客員研究員を経て、NPO法人CANVAS、株式会社デジタルえほん、一般社団法人超教育協会等を設立、代表に就任。著書に『プログラミング教育ってなに? 親が知りたい45のギモン』『子どもの創造力スイッチ!』『デジタル教育宣言』など。

【著者紹介】
作 ミッシェル・シュスターマン
アメリカの児童文学作家で、これまでに100冊近くの子ども向けの本を執筆してきた。作品に、I ♡ Bandシリーズ、 Kat Sinclairシリーズ、Secrets of Topseaシリーズ、The Pros of Cons、Olive and the Backstage Ghost、Spell and Spindleなど。

訳 美馬しょうこ...


販促プラン

プログラミングに興味はあるけど、なにから手をつけていいのかわからない、という人に特におすすめです。2020年度から小学校でも必修化するプログラミング教育。「どうやって?」「なんのために?」という疑問が、この本を読めば、「おもしろそう!」「やってみたい!」という関心に変わります。

プログラミングに興味はあるけど、なにから手をつけていいのかわからない、という人に特におすすめです。2020年度から小学校でも必修化するプログラミング教育。「どうやって?」「なんのために?」という疑問が、この本を読めば、「おもしろそう!」「やってみたい!」という関心に変わります。


出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784037269500
本体価格 ¥1,200 (JPY)