暗黒残酷監獄

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

文芸小説
刊行日

この作品を話題にする際には、ぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #暗黒残酷監獄 #NetGalleyJP

内容紹介

家族って何なんですか

同級生の女子から絶えず言い寄られ、人妻との不倫に暗い愉しみを見いだし、友人は皆無の高校生・清家椿太郎。ある日、姉の御鍬が十字架に磔となって死んだ。彼女が遺した「この家には悪魔がいる」というメモの真意を探るべく、椿太郎は家族の身辺調査を始める。明らかとなるのは数多の秘密。父は誘拐事件に関わり、新聞で事故死と報道された母は存命中、自殺した兄は不可解な小説を書いていた。そして...

おすすめコメント

有栖川有栖氏 篠田節子氏 大絶賛!第23回日本ミステリー文学大賞新人賞  史上最年少受賞作 !
「他の選者が否定したら本作のコピーを手許に置いておくつもりだった」有栖川有栖氏
「通俗的共感を笑いのめす作家的悪意は貴重」篠田節子氏
姉の死をきっかけに青年が知る家族の残酷な秘密。 異彩を放つ新時代の本格ミステリ―!


販促プラン

初回指定承ります!★1月31日まで★光文社書籍販売部 03-5395-8116