春、死なん

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

刊行日

この作品を話題にする際には、ぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #春死なん #NetGalleyJP

内容紹介

老い、父と母、母と娘、男と女、「私」と誰か。
どれもありふれた光景のはずなのに、どうして、こんなにも新鮮なんだろう。 
――高橋源一郎 

蔑みながら羨む。母という女を娘は否が応でも生きる指針にしてしまう。
怖くて見られない心の奥を素手で摑まれた。 
――中江有里 


現役人気AV女優が描く「老人の性」と「母の性」、濃密な文章で綴られた衝撃作!

「春、死なん」
妻を亡くして6年の70歳の富雄。...

出版社からの備考・コメント

校了前のデータを元に作成しています。刊行時には内容が若干異なる場合がありますがご了承ください。
※発売前の作品のため、ネタバレのレビュー投稿は極力お控えいただけますよう、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

おすすめコメント

紗倉まなさんはAV女優として有名ですが、実は高校生の時から文芸誌を購入してきた熱烈な文学ファン。既に小説2冊、エッセイ2冊を上梓し、映画化されている作品もあります。 本書はそんな彼女の文芸誌デビュー作。独特の観察眼に、各紙誌から既に熱い視線が寄せられています。見逃せない才能のデビューに、ぜひご注目下さい。 ――担当編集者より