家康の猛き者たち 三方ヶ原合戦録

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2020/04/15 | 掲載終了日 2020/03/31

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#家康の猛き者たち三方ヶ原合戦録 #NetGalleyJP


内容紹介

家康に過ぎたるものが二つあり、唐の頭に本多平八

愛槍「蜻蛉切」を操る徳川軍団随一の無双の勇士・本多平八郎忠勝を描いた、エンタテインメント歴史時代小説。 

今こそ家康の求心力を高め、鉄の家臣団を作り上げる、それが徳川家を強くすることに繋がる。その要となる人物は「本多平八郎忠勝」しかいないと徳川家康は考えていた。甲斐の武田信玄が勢力を伸ばす中、遠江国二俣城をめぐり、争いは続いていた。先行した忠勝と武田軍が一言坂で激突した後、両軍は三方ヶ原で再び相見えることとなる。徳川勢八千に織田勢三千が加わった総勢一万一千の部隊が、武田勢三万に挑むが――。

常に激闘の中に身を置きつつも、生涯傷一つ負わなかったという徳川軍団随一の武者、本多平八郎忠勝を描く。

【著者略歴】 

大分県大分市出身。早稲田大学第一文学部卒業。2017年『乱世をゆけ 織田の徒花、滝川一益』で、第9回角川春樹小説賞を受賞しデビュー。その他著書に『慶次郎、北へ 新会津陣物語』『織田一の男、丹羽長秀』などがある。

家康に過ぎたるものが二つあり、唐の頭に本多平八

愛槍「蜻蛉切」を操る徳川軍団随一の無双の勇士・本多平八郎忠勝を描いた、エンタテインメント歴史時代小説。 

今こそ家康の求心力を高め、鉄の家臣団を作り上げる、それが徳川家を強くすることに繋がる。その要となる人物は「本多平八郎忠勝」しかいないと徳川家康は考えていた。甲斐の武田信玄が勢力を伸ばす中、遠江国二俣城をめぐり、争いは続いていた。先行した忠勝と武田...


出版情報

発行形態 文庫・新書
ISBN 9784758443326
本体価格 ¥0 (JPY)

NetGalley会員レビュー

戦国時代には多くの英雄が登場します。
この作品の徳川家康はもちろんその一人ですし、敵役として登場する武田信玄もその一人といえるでしょう。
もちろん、一人の力で戦国時代を生き抜けるわけではなく、多くの有力な部下を従えることで、乱世と呼ばれた時代を駆け抜けていたのでしょう。
家康の猛き者たち。タイトルのとおり、多くの武将が登場し、影響の大きさは差があれど、これぞ戦国武将の生き様というものを見せつけてくれます。この作品中の家康は、まだ徳川家康として覚醒する前の話であるため、余計に部下の献身的な行動は心を打ちます。
せつなく、魅力的で、美しく、哀しい。
読み応えがありました。
戦国時代を舞台にしているのに、歴史小説という感じはせず、ひたすらに男たちの苦悩と信念がつづられています。
歴史好きでも、そうでなくても、お勧めできます。

このレビューは参考になりましたか?