誰もボクを見ていない

なぜ17歳の少年は、祖父母を殺害したのか

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2020/04/05 | 掲載終了日 2020/04/21

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#誰もボクを見ていない #NetGalleyJP


内容紹介

2014年、埼玉県川口市で当時17歳の少年が祖父母を殺害し、金品を奪った凄惨な事件。少年はなぜ犯行に及んだのか? 誰にも止めることはできなかったのか? 事件を丹念に取材した記者がたどり着いた“真実”。少年犯罪の本質に深く切り込んだ渾身のノンフィクション。

2014年、埼玉県川口市で当時17歳の少年が祖父母を殺害し、金品を奪った凄惨な事件。少年はなぜ犯行に及んだのか? 誰にも止めることはできなかったのか? 事件を丹念に取材した記者がたどり着いた“真実”。少年犯罪の本質に深く切り込んだ渾身のノンフィクション。


おすすめコメント

日々、幼児虐待のニュースが途切れることはありません。本書で取り上げた少年が犯した殺人事件の根元にも、幼児虐待があります。どうすれば幼児虐待を防ぐことができるのか? 加害者である少年本人の供述をはじめとして、本書では少年事件の本質へ深く切り込み、二度とこうした悲惨な事件が起こらないよう、私たちにできることが何かを問いかけています。

日々、幼児虐待のニュースが途切れることはありません。本書で取り上げた少年が犯した殺人事件の根元にも、幼児虐待があります。どうすれば幼児虐待を防ぐことができるのか? 加害者である少年本人の供述をはじめとして、本書では少年事件の本質へ深く切り込み、二度とこうした悲惨な事件が起こらないよう、私たちにできることが何かを問いかけています。


出版情報

発行形態 文庫・新書
ISBN 9784591166468
本体価格 ¥680 (JPY)