ティラノサウルスのはらぺこないちにち

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2020/06/23 | 掲載終了日 2020/06/01

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#ティラノサウルスのはらぺこないちにち #NetGalleyJP


内容紹介

のりもの絵本で人気のコンビの、恐竜絵本。恐竜がいた時代にタイムスリップ! リアルな世界が広がります。


肉食恐竜のティラノサウルスは、朝からはらぺこ。えものを探して歩きます。ドロマエオサウルス、パラサウロロフス、パキケファロサウスル……とさまざまな恐竜に出会いますが、逃げられたり、ちょっと遠くにいたりと、なかなかいただくことができません。だんだん、はらぺこのぺこぺこになったとき、やっとえものを捕まえた! と思ったら、横取りするやつが現れて戦いに! ティラノサウルスは、おなかいっぱいになることができるのでしょうか。


白亜紀後期の北米大陸を舞台に、恐竜の世界をリアルなイラストで描いているにもかかわらず、どこか愛おしく感じてしまいます。同時刊行の『トリケラトプスのなんでもないいちにち』とあわせて読むと、同じ世界に生きている2種類の恐竜を、それぞれの目線で楽しむことができます。

のりもの絵本で人気のコンビの、恐竜絵本。恐竜がいた時代にタイムスリップ! リアルな世界が広がります。


肉食恐竜のティラノサウルスは、朝からはらぺこ。えものを探して歩きます。ドロマエオサウルス、パラサウロロフス、パキケファロサウスル……とさまざまな恐竜に出会いますが、逃げられたり、ちょっと遠くにいたりと、なかなかいただくことができません。だんだん、はらぺこのぺこぺこになったとき、やっとえものを捕まえた...


出版社からの備考・コメント

【ご注意下さい】 ここに掲載している作品データは校了前のものです。刊行までに仕様などが変更になる場合もございますが、ご了承下さい。 【掲載したデータの仕様について】 この作品は緻密に細部まで描きこまれた絵を楽しんでいただくため 単ページではなく見開きの形でデータを作成してあります。

【ご注意下さい】 ここに掲載している作品データは校了前のものです。刊行までに仕様などが変更になる場合もございますが、ご了承下さい。 【掲載したデータの仕様について】 この作品は緻密に細部まで描きこまれた絵を楽しんでいただくため 単ページではなく見開きの形でデータを作成してあります。


おすすめコメント

この時代には、「鳥」がいたことも事実です。なので、鳥も登場しています。

鳥の巣研究家の鈴木まもるさんは、現在恐竜と鳥との関係、進化についても研究中です。

この時代には、「鳥」がいたことも事実です。なので、鳥も登場しています。

鳥の巣研究家の鈴木まもるさんは、現在恐竜と鳥との関係、進化についても研究中です。


販促プラン

【著者紹介】

文・竹下文子

1957年、福岡県に生まれる。東京学芸大学卒業。「黒ねこサンゴロウ」シリーズ(偕成社)で路傍の石幼年文学賞を受賞。主な作品に『ピン・ポン・バス』『がんばれ! パトカー』(偕成社)、『クッキーのおうさま』(あかね書房)、『ドルフィン・エクスプレス』シリーズ(岩崎書店)、『おすしのせかいりょこう』「おてつだいねこ」シリーズ(金の星社)、『クリスマスのかね』(教育画劇)、『ひらけ! なんきんまめ』『アリクイにおまかせ』(小峰書店)などがある。静岡県在住。

絵・鈴木まもる

1952年、東京都に生まれる。東京芸術大学中退。「黒ねこサンゴロウ」シリーズ(偕成社)で赤い鳥さし絵賞を、『ぼくの鳥の巣絵日記』(偕成社)で講談社出版文化賞絵本賞を受賞。主な絵本作品に『ねこのおすしやさん』(偕成社)、『せんろはつづく』『つみきでとんとん』(金の星社)、『いのちのふね』(講談社)などがある。また鳥の巣研究家として『世界の鳥の巣の本』(岩崎書店)、『鳥の巣研究ノート』(あすなろ書房)、『ふしぎな鳥の巣』『ツバメのたび』『日本の鳥の巣図鑑全259』(偕成社)などの著者がある。静岡県在住。

【著者紹介】

文・竹下文子

1957年、福岡県に生まれる。東京学芸大学卒業。「黒ねこサンゴロウ」シリーズ(偕成社)で路傍の石幼年文学賞を受賞。主な作品に『ピン・ポン・バス』『がんばれ! パトカー』(偕成社)、『クッキーのおうさま』(あかね書房)、『ドルフィン・エクスプレス』シリーズ(岩崎書店)、『おすしのせかいりょこう』「おてつだいねこ」シリーズ(金の星社)、『クリスマスのかね』(教育...


出版情報

発行形態 ハードカバー
ISBN 9784032213607
本体価格 ¥1,200 (JPY)

閲覧オプション

ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

ずんぐりむっくりとしてたてがみのあるティラノサウルスは愛嬌がある。
思ってる以上に慎重で確実にお腹を満たしたいのか、なかなか獲物に向かっていかないのがもどかしい。
暴君竜というのも?って思うくらいお腹いっぱいの時ののんきなティラノサウルスに癒される。
明日も獲物にありつけますように!

このレビューは参考になりましたか?

「トリケラトプスのなんでもないいちにち」と合わせて読むとお互いが響きあう感じ。ティラノサウルスは強そうだけど満腹になるのは大変そうだ。食べる方も食べられる方も苦労が多いな。大人にはなかなかせつない。
リアルな絵だけどひるねのティラノサウルスの満足げな姿は結構かわいいものがある。

このレビューは参考になりましたか?

ティラノサウルスが食べるものを探しているだけのお話なのに、恐竜の名前や見た目の特徴なども知ることができて、とてもいいな、と思います。そしてちゃんとティラノサウルスが食べ物にありつけるのもよい。リアルな食事。なにより絵が素敵です!色の塗り方とか好みどストライクでした。

このレビューは参考になりましたか?

恐竜が大好きな子どもたちにとって、その王者たるティラノサウルスは憧れの頂点にいます。

その王者が、命を維持するためになんとか食べたいと、頑張る姿。
弱肉強食のならいは、見る立場によってどちらにとっても切実な問題であることにこの本は気づかせてくれる。

月に向かって、心の底からの願い
おなかいっばい たべられますように
この言葉に込められた、生きることの根源は、さまざまな感情を伴い子どもたちの心に流れ込むのではないでしょうか。

このレビューは参考になりましたか?

鈴木まもるさんが描く恐竜は見たことがなかったので興味津々。
すごくリアルな感じで、全体的な風景は優しい雰囲気でした。
リアルだけれど表情がちゃんとあって、ただ恐竜の1日を追うのではなく
お腹いっぱいになって良かったね! と思えるいい顔を見せてくれるところがとても良かったです。
「トリケラトプスのなんでもないいちにち」と合わせて読むと、また面白い(^_^)

このレビューは参考になりましたか?