ぼくらしく、おどる

義足ダンサー大前光市、夢への挑戦

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2020/04/22 | 掲載終了日 2023/03/31

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#大前光市 #NetGalleyJP


内容紹介

2016年リオパラリンピックの閉会式ほか、世界の舞台でも活躍しているダンサー、大前光市さん。


プロダンサーとして活動を始めた二十四歳のとき、交通事故にあい、左足のひざ下を切断します。


それから大前さんは、夢をあきらめず努力しつづけました。


今も、これからも、大前さんは、さらなる目標に向かって、自分らしいダンスを追いもとめ、挑戦しますーー。

2016年リオパラリンピックの閉会式ほか、世界の舞台でも活躍しているダンサー、大前光市さん。


プロダンサーとして活動を始めた二十四歳のとき、交通事故にあい、左足のひざ下を切断します。


それから大前さんは、夢をあきらめず努力しつづけました。


今も、これからも、大前さんは、さらなる目標に向かって、自分らしいダンスを追いもとめ、挑戦しますーー。


出版社からの備考・コメント

児童図書選書のための総合ブックカタログ Luppy(るっぴぃ)
特集 SDGsに取り組もう 選定作品
【テーマ 3 すべての人に健康と福祉を】

児童図書選書のための総合ブックカタログ Luppy(るっぴぃ)
特集 SDGsに取り組もう 選定作品
【テーマ 3 すべての人に健康と福祉を】


販促プラン

7月リクエストキャンペーン「SDGsを知ろう!テーマ0~3」(NetGalley Japan主催)

本作品に「リクエスト・すぐ読みアクセス・Wish」のいずれかを実施いただいた方の中から、抽選で10名様に図書カードネットギフト500円分をプレゼント!

この機会に、ぜひSDGs関連本をお読みください!

締切:2022年7月31日(日)まで

※当選者には、2022年8月12日(金)までに当選のご連絡をいたします。

※沢山アクセスすると当選率アップ!

※プロフィールの登録情報(お名前、所属、自己紹介)が明記されている方が対象となります。この機会にプロフィールの確認・更新をお願いいたします。


【大前光市 プロフィール】

1979年、岐阜県生まれ。高校1年生からクラシックバレエを学ぶ。大阪芸術大学に進学後、振り付けや、コンテンポラリーダンスの技術も習得。プロダンサーとして活動を始めた24歳のとき、交通事故が元で左のひざ下を切断。以後、作品に合わせ、さまざまな義足を使いわけ、さらに武道、新体操、ヨガ等の動きを取りいれ、世界で唯一のダンス表現を築く。リオパラリンピックのステージ出演後、海外での舞台も増加。アーティスト集団“アルファクト”のメンバー。

※校了前のデータを元に作成しています。刊行時、内容が若干異なる場合がありますが、ご了承ください。


7月リクエストキャンペーン「SDGsを知ろう!テーマ0~3」(NetGalley Japan主催)

本作品に「リクエスト・すぐ読みアクセス・Wish」のいずれかを実施いただいた方の中から、抽選で10名様に図書カードネットギフト500円分をプレゼント!

この機会に、ぜひSDGs関連本をお読みください!

締切:2022年7月31日(日)まで

※当選者には、2022年8月12日(金)までに当選のご連...


出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784052051388
本体価格 ¥1,400 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

高校からバレエを始め、ダンサーを目指していた矢先に交通事故で左足の膝下を切断することになった大前さん。それまで他人以上にできていたことが出来なくなり、最終審査まで残ったダンスカンパニーのオーディションにも不合格になって一時は落ち込みます。しかし諦めずに義足でダンスを続け、リオパラリンピックの閉会式で世界にダンスを披露することが出来ました。挫折を乗り越えて夢を叶えた人の言葉は子どもたちに勇気を与えてくれると思います。

このレビューは参考になりましたか?

義足になる場面がまるで漫画やお話の中で描かれる悲劇のよう。そして、そこから文字通り立ちあがり、ご本人の努力や周りの協力で大舞台にまで繋がっていく様子は、創作だったら「出来すぎ」といわれそうなくらい。でも、本当にそれを成し遂げたことが分かるからすごい。思わずQRコードで動画も見てしまいました。文字からだけでは想像が及ばなかった力強い躍動が見られ、是非実際に踊る姿も拝見したいなと思いました。
小学生向けのためか地の文と会話文で温度感がずれる箇所が所々あり、そこだけやや残念でした。

このレビューは参考になりましたか?

光市さんは、プロのダンサーとして活動を始めた24歳のときに交通事故に遭い、左足のひざ下を切断することになってしまったのです。

 でも彼は諦めません。義足で踊るようになりました。最初は右足と同じ長さの義足で踊っていたのですが、なかなか思ったようには踊れません。それでも舞台で踊れるようになりました。その後、様々な人のアドバイスを受けて、短い義足や、全く義足をつけないで踊ることを始めたのです。

 そこからが、本当の光市さんのダンサー人生のスタートだったのかもしれません。誰にもできない、個性的なダンスが踊れるようになったのです。

 世界中にいろんなダンサーがいます。車椅子で踊る人、松葉杖で踊る人、目が見えない人。そして、わたしが親しくさせてもらっているダンサーさんのグループには、耳の聞こえないダンサーさんが何人もいます。どうやって踊っているのか聞いてみたら、音楽の振動を空気や床から感じて踊っているのだそうです。そういう踊り方もあるのねとびっくりしたことがありました。

 身体に障害があろうが、歳をとっていようが、そんなことは関係ないんです。踊りたいと思ったら踊るそれでいいんですよね。

 わたしたちは無意識のうちに、これまでに見てきたダンサーさんのことをイメージしてしまうのかもしれません。だから、あれがないからこれがないからといって、踊ることを諦めてしまうのかもしれません。でも、そんな必要はないんですね。今の自分という身体を使って踊ればいいんだということを光市さんは教えてくれました。

このレビューは参考になりましたか?

大怪我をしたあとも、ダンスを続けることに何の疑念ももたず、何度壁にぶつかっても、挑戦を続ける大前さん。基本のバレエにジャズダンス、コンテンポラリー、ヒップホップ、ブレイクダンスにアクロバット。貪欲に学び続けたことが、全て自分らしい表現につながったことがわかります。中学年でも読めそうなシンプルな、的確な言葉でつづられる良書。人と比べることより、自分らしさを探究することが、人間をこんなにも強く美しくするんだと思って胸が熱くなりました。勇気をもらいました。

このレビューは参考になりましたか?

この本には 、
意味のある仕掛けが
施されていて 面白い 。


彼らしく 、
本の中でも踊っている
「 エンターテイナー的自叙伝 」
だと思う 。


老若男女問わず 、お薦めの一冊 !

このレビューは参考になりましたか?

ぼくらしく、というのがものすごく良い。そこに自分の道を見つけ出しているところが、とてもよい。
なぜ人は、自分と違う部分や、あるべきと思い込んでいるものがなかったりすると、それを異と、捉えようとするのか?というのが常に疑問でもあった。
だからこの主人公が、義足を外して踊るところは涙が出てしまった。
全てにおいて、良い意味でだから何?という社会であって欲しいと、思う。

このレビューは参考になりましたか?

書店員としてよりも、舞踊家を目指したものとしてこの書籍を薦めたいと思います。
夢を見つけること、追うこと。決して綺麗事で済まされないそれらの人の話を聞く時、わたしたちは胸が熱くなります。
人生を模索するのはいくつだって遅いなんてことは絶対にありません。そう思います。

このレビューは参考になりましたか?