あふれる家

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2020/05/07 | 掲載終了日 2020/06/30

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#あふれる家 #NetGalleyJP


内容紹介

明日実の家には、つねに人があふれている。バンドマンのトキオ、薬剤師のアキちゃんら両親の友達だけでなく、見知らぬ大人が平気で寝泊まりする家だ。父は放浪中、母は入院中。小4の明日実は、一風変わった大人たちに彩られ、奇妙でファンタスティックな夏休みを過ごす。

明日実の家には、つねに人があふれている。バンドマンのトキオ、薬剤師のアキちゃんら両親の友達だけでなく、見知らぬ大人が平気で寝泊まりする家だ。父は放浪中、母は入院中。小4の明日実は、一風変わった大人たちに彩られ、奇妙でファンタスティックな夏休みを過ごす。


おすすめコメント

鬼才・中島らもの長女でもある著者が、初めて自分の育った「家」をモデルに小説を執筆しました。

鬼才・中島らもの長女でもある著者が、初めて自分の育った「家」をモデルに小説を執筆しました。


出版情報

発行形態 ハードカバー
ISBN 9784022516831
本体価格 ¥1,600 (JPY)

NetGalley会員レビュー

自由から自由へ。
母親が入院してしまった稲葉明日実が迎える小四の夏休み。奇妙な同居人たちと繰り広げる騒がしい日常。
何かを肯定するわけでも、否定するわけでもない騒がしい日常が、妄想を含め落ち着くようでもなり、ざわめくようでもある。
程度はあれ確かに私たちはそうだった・・・今の「純」「誠」を求める世に抗う一品。

このレビューは参考になりましたか?