バケモンの涙

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

刊行日

この作品を話題にする際には、ぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #バケモンの涙 #NetGalleyJP

内容紹介

●●●イチオシ作品●●●

敗色が濃くなった太平洋戦争。日本は未曾有の食糧難に襲われていた。

橘トシ子19歳。大阪の旧家のいとはんは、国民学校の教師となるが、食料も燃料もなく、生のままの雑穀を食べるしかない子供たちは、消化不良で全員が下痢の毎日。中には栄養不足から感染症などで命を落とす子もいた。

「ええとこのいとはんには、この辛苦はわからない」と、死んだ子の親から冷たく投げつけられる。トシ子は、「子供の命...

おすすめコメント

「バケモンの涙」が子どもたちを、そして大人たちを救う!いとはん(=お嬢様)の決死の奮闘!

めっさおもろい。読んでみてや!

ばり面白いき、読んでみてくれん?

販促プラン

初回指定承ります。

★6月10日まで★

光文社書籍販売部・荒井(☎03-5395-8112)